各メーカーの人気最新エアガンをレビューしていきます。


by airgunnet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
マルイ ガスブロ その他
マルイ ガスブロ ガバ系
マルイ ガンブロ グロック系
マルイ 電動ガン
マルイ 次世代電動ガン
マルイ 電動ハンドガン&SMG
マルイ 固定&リボルバーガス
マルイ LIGHT PRO
マルイ電動BOYs系
マルイ 10UP電動ブローバック
マルイ 10才以上用コッキング
KSC SIG系
KSC H&K系
KSC ガバ系
KSC その他
KSC 長物
マルゼン
マルシン
マルシン リボルバー
マルシンCDX
ウエスタンアームズ
タナカ
SⅡS
クラウン
KTW
セキトー
周辺機器
パーツ アクセサリー
やってみた特集
ランク ブローバックガスガン
ランキング 固定スラ&リボガス
ランキング コッキングエアガン
ランキング 電動ハンドガン&SMG
ランキング 電動ガン
ランキング 10upコッキング
ランキング 10UP長物電動
ランキング 装備品
ランキング 東京マルイ予約
用語集 あ
用語集 か
用語集 さ
用語集 た
用語集 な
用語集 は
用語集 ま
用語集 や
用語集 ら
用語集 わ
エアガン販売情報
マルイ コッキングエアガン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

KSC グロック17 スラ..
at 2017-04-10 01:18
Bolt MP5J BRSS..
at 2017-02-20 01:19
東京マルイ KSG ガスショ..
at 2016-10-16 09:01
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション

画像一覧

<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

KSC T33 トカレフ

dc112140.jpg


ksc-tt33-1.jpg

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   195mm

重量   670g (ヘビーウエイト樹脂)

装弾数  10発

価格   20、895円 (税込み)

ksc-tt33-2.jpg

トカレフと言えば、銃の所持を禁止されている日本でもお馴染みな銃でしょう。
かつて、その筋の怖いおじ様達御用達の、国民的(表現がおかしいか?)
オートマチック・ピストル。ヤクザ映画には、必須アイテムですな。

まあ厳密に言えば、実際日本に密輸されていたトカレフの多くは、中国製。
しかも品質規格外になった不良品とか密造品、または軍が廃棄したような粗悪品
だらけだったらしい。
なので、「トカレフは当たらない」なんて言われたりするのだが、本家ソ連製TT33は
軍用銃らしく、さほど精密に作られていないにもかかわらず
命中精度は優秀でした。

TT33は、それまでソ連制式拳銃だったTT30の修正版として1933年に採用され
(実際に生産されたのは、1935年から)
設計者にちなみ、トカレフと呼ばれました。
口径7.62mmで、装弾数は8発。

ksc-tt33-3.jpg

TT33の特徴は、構造がシンプルで劣悪な環境でも作動性が良く
パーツが破損した場合でも、組立て易いという軍用に特化していて
極寒の地でも扱い易いという、お国事情も考慮されています。

しかし、いくらシンプルにと言っても、マニュアルセイフティまで省いてしまうとは
やはりやり過ぎでしょうね。
それはエアガンになっても、扱いに注意が必要になります。
KSC製TT33もリアルな構造を重視しているので、マニュアルセイフティはありません。
一人で遊ぶ場合は何かあっても自己責任で済みますが、複数人で楽しむ場合は
より取り扱いに注意が必要ですね。
まあ多少誤射の抑制になっている物では、リアルライブオペレーションという
システムが搭載されています。
これはすでに同社のUSP等に搭載されていて
実銃と同様にスライドを引いて初弾装てん操作をしないと、撃てないという物。
ハンマーを起こしてトリガーを引いても、ハンマーが落ちるだけで
銃は作動しません。
リアリティを追求するKSCらしいシステムですね。


ksc-tt33-4.jpg

素材はスライド・フレーム共にヘビーウエイト樹脂で、KSCお得意のザラリとした
塗装が施されています。
これは金属っぽい重々しい感じに仕上がっていて、とくに大戦時代の古い銃とかには
良く似合う質感だと思います。
フレーム等のパーティングライン(張り合わせ痕)も完璧に処理されて
KSCの拘りを感じます。

持った感じも、ヘビーウエイトなので軽々しさが無くて良いです。
コンパクトな銃なのでズッシリとまではいきませんがね。
それより気になったのが、ツルツルしたプラスチックのグリップ。
無骨に膨らんだ形状も、握り易い様な~、握り難い様な~よくわかりません。
まあ、そんな所も時代を感じさててくれる良い部分なんでしょうけど。

ksc-tt33-5.jpg

極めつけがCCCP(ソビエト社会主義共和国連邦のロシア語表記による略称)の文字
と星型のマーク。

ksc-tt33-6.jpg

トカレフのフレームへのグリップパネルの取り付けも独特な方法で
グリップパネル内側のリテイナーと呼ばれるパーツを回転させて行います。

ksc-tt33-8.jpg

まず右側のグリップパネルをフレームにはめて、リテイナーの穴に棒状の物を
あてて、時計回りに回すと、リテイナーがフレームに引っ掛かり固定されます。

ksc-tt33-9.jpg

次に左側のグリップパネルをはめて、今度はグリップ底部から細い棒状の物を
リテイナーの写真の丸印部に引っ掛けて回転させて、フレームに引っ掛け固定します。
これで完成。

分解する場合は、逆の手順でOK。

ksc-tt33-10.jpg

マガジンは実銃でも、シングルカラム(単列弾倉)なので細い。
いかにもガスタンクのスペースが狭そう。
装弾数は10発と、実銃より2発多い。ん~たった2発。
ならば、もっとリアルに実銃と同じ装弾数にして、マガジンはスチールプレスの
カバーを付けて・・・・でもそれだとBBローダーが必要になるので面倒か?
まあ、システム7に進化して作動性能重視の方向性になったのだから
このスタイルで良いのかな。

マガジンリップが、BB弾の表面を傷つけ難いプラ製になったのは喜ばしい。
マガジンフォロアーは、他のモデルと同じく一番下げた状態でロック出来るので、
BB弾装てんの間ずっと、指でマガジンフォロアーを押し下げておく必要がないので
楽チンだし、素早い装てんができます。
写真はマガジンフォロアーをロックして、BB弾を5発ほど入れたところ。

ksc-tt33-11.jpg

マガジンベースは、リアルタイプとフラットタイプの2種類が付属します。
リアルタイプは、ガス注入時に前方にずらさないといけませんが
フラットタイプはガス注入バルブのある位置に穴があいているので
何もせず、そのままガスを注入する事ができる実用重視タイプです。

ksc-tt33-12.jpg

リアサイトは金属製。
シンプルで、ホワイトドット等もありません。
ハンマーはセレイションの入った丸い形をしています。
ハンマーが、スライド上面より高いですね。

ksc-tt33-13.jpg

軍用銃らしく刻印類は少なくシンプル。フレーム左側面とスライド上部に
シリアルナンバーがある程度。ちゃんと星型マークもあるのがにくいですねー。

ksc-tt33-14.jpg

さて、通常分解ですが・・・、まずスライドストップレバーが抜けない様に
固定しているクリップ(スライドストップ・リテイナークリップ)をスライドさせて
外します。

余談ですが、トリガーに刻印してある星型マークがみえますか? ん~細かい。

ksc-tt33-15.jpg

この時クリップがフレーム表面を引っかいて、キズになる場合があるので
気になる方は、何か挟んでから作業しましょう。
私は紙を挟みました。写真の状態までリテイナークリップをスライドさせたら
フレームの反対側からスライドストップレバーを引き抜きます。
するとスライドが前方に抜けます。

ksc-tt33-16.jpg

スライドストップレバーを引き抜くと、KSCの刻印が出てきました。
普段見えない所にマークを入れるなんて、徹底したリアリティですな。
KSCらしくて素晴らしい。

ksc-tt33-17.jpg

次にリコイルスプリングを外してから、コルト・ガバメントの様にバレルブッシングを
回します。180度くらい回すと、前方に外れます。

ksc-tt33-18.jpg

後はバレルアッシーを前方に引き抜いて、通常分解は終了。

ksc-tt33-19.jpg

分解したついでに、チャンバーを覗いてみます。
上部に見えるのが精密チャンバーの証、2つに割れたホップパッキン。
これがBB弾に、安定した回転を与える。

確かに精密チャンバーになってから、集弾性が向上したのを実感しています。
今までは作動性や実射性能の高さでみれば、マルイ製を選ぶシーンが
多くありましたが、これからはKSCという選択肢も増えてくるんじゃあないですかね。

ホップ調整は他のモデル同様、チャンバー部に専用レンチをあてて
調整します。分解不要で調節出来るので、試射しながら調節する場合など
素早くできて非常に便利。(今回写真撮るの忘れちゃった!!)


実射

コンパクトで細いのに、ヘビーウエイト素材のお蔭で重量感があり
安っぽく感じない。(なぜか軽いだけで安っぽく感じてしまうのです。)

スライド操作はスムーズで、スライドを引いて戻っていく感触もヘビーウエイトの
お蔭で良いですね。
これで、もう少し「シャチン!!」なんて金属音がしたら最高なんですが。

ブローバックも予想以上に重みのある撃ち応えですが、そのかわり
スライドスピードは、落ちてます。
マガジンがコンパクトなだけに、ガスタンクの容量も少ないでしょうから
あまり派手な作動は望めません。
が、そこはシステム7のブローバックエンジンなので
適正温度なら、がっかりする事はないでしょう。

集弾性も精密チャンバーのおかげで、素晴らしい。
実射性能ならマルイ!!・・・・にKSCという選択肢も加わりました。
しかも現時点ではマルイ製ブローバック・ガスハンドガンには使われていない
ヘビーウエイト素材のモデルや、拘りの仕上げや質感。
実射性能とリアルな質感の両立こそが、今のKSC最大の武器なのかな。
(プラス、それなりの価格ね)

コレクターやお座敷シューター達を唸らせる今回のモデル。
ゲーマーの方には装弾数10発は少ないかな?
でも共産圏好きな方なら外せないでしょう。
ほら、あなたですよ、AK47握り締めてるあなた。
もしくは、いつも「わしゃ~広島じゃけぇ~」と意味不明な言葉を口走る、
仁義なき・・・・・を見過ぎてるあなた!!
・・・・・・・・買いです。

ksc-tt33-20.gif
7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾10発



関連記事

KSC M93R-Ⅱ システム7 ヘビーウエイト

東京マルイ AK47 電動ガン




楽天市場でのKSC TT33検索結果は、こちら


たとえばお勧めはこちら

[PR]
by airgunnet | 2013-11-28 17:25 | KSC その他

用語集 ブルパップ方式

通常のアサルトライフルは、グリップやトリガーより前方にマガジンや
機関部がありますが、グリップやトリガーより後方にマガジンや機関部がある形態の物を
ブルパップ方式といいます。

yougo-1.jpg
一般的なアサルトライフル (写真はM-16)



yougo-2.jpg
ブルパップ式アサルトライフル (写真はステアーAUG)


従来のアサルトライフルから、射程距離や命中精度を落とすことなく
コンパクト化された物がブルパップ式です。
機関部をストック部分に移す事で、銃身長を短くすることなく、
全長を短縮させています。

欠点としては、ややマガジン交換がやりにくく、
ストックが簡略固定された物が多い。
また射撃時は、射手の顔と機関部が近いために、射撃音と射撃時のガスが
聴力や視力に影響を及ぼし易いとされる。
さらにエジェクションポートが右側にある場合、左利きの射手の場合に
排出された空薬莢が顔や体に当たってしまう危険があるため、ステアーAUG等は
排出方向を左右に変更ができ、FN P90等は銃の下部から真下に排出する
仕組みになっている。

全長が短縮されているため、フロントサイトとリアサイトの間隔が短くなり
必然的に遠距離射撃時の照準精度は落ちてしまうので、初めからスコープや
ドットサイトを装備した物や、光学機器搭載を前提にした設計の物も多い。




楽天市場でのブルパップ・エアガン


東京マルイ 18才以上用 電動エアーガン P90 fs3gm

東京マルイ 18才以上用 電動エアーガン P90 fs3gm
価格:21,900円(税込、送料別)



[PR]
by airgunnet | 2013-11-21 00:30 | 用語集 は

久しぶりにKSCが!!

KSCが久々に新型電動ガンをリリースする様です。


M4のマグプル仕様で、マルイの次世代


電動ガンと同じ様に、リコイル発生装置と


全弾撃ち尽くした時のボルトストップ機能を


備えています。


価格もマルイ製よりは、リーズナブル。


発売時期は年末、KSC・webのみの販売で


近日中に予約開始。


予約はメールかFAX。


12月18日までは、予約特価で販売。


詳しくは、KSCのwebページで。
[PR]
by airgunnet | 2013-11-20 09:23 | エアガン販売情報

用語集 ライブカート式

カートレス式エアガンの例

conv000382.jpg
タナカ製 M29

px4-10.jpg
マルイ製 Px-4


多くのエアガンは、BB弾を銃本体又はマガジンに直接装てんして使用します。
実銃で使われるカートリッジ(実包・弾薬)の再現・使用はしないので
「カートレス」などと、呼ばれます。


ライブカート式エアガンの例

m629x-8.jpg
マルシン M629

marushin-cz75-9.jpg
マルシン Cz75

それに対して「ライブカート式」は、実銃と同じ様な、リアルな操作・作動を
楽しむためにカートリッジを再現して、カートリッジにBB弾を装着して
そのカートリッジを銃やマガジンに装てんします。

ライブカート式の良い点
○ 実銃と同様なカートリッジの装てんや排莢作動が楽しめる。
○ 金属製カートリッジだとズッシリとした重量感がリアル。

ライブカート式の悪い点
○ 命中精度もカートレスに比べると劣る
○ 装弾数は少ない。
○ オートマチックの場合、屋外だとカートリッジが汚れたり紛失する。
○ オートマチックの場合、作動不良が発生しやすい。

現状では、オートマチックタイプのライブカート式は、カートリッジの紛失や汚れの
心配が要らない室内で、モデルガン的に楽しむのが適しています。
カートリッジにBB弾を装着しなければ、オートマチックなら
リアルなブローバックの排莢アクションを、場所を選ばず遊べます。
リボルバータイプなら屋外でもカートリッジを紛失する心配はあまり要りませんね。
ただ、やはり実戦向きではありません。



[PR]
by airgunnet | 2013-11-18 09:55 | 用語集 ら

用語集 マルチカム

マルチカムはアメリカのクライ・プレシジョン社が開発した迷彩パターンで
アメリカ陸軍の1部等で採用されています。

季節に関係なく、さまざまな地形に対応できる万能性を持ち、見る角度によって
緑に見えたり茶色に見えたりする。
垂直に配された斑点は草木、水平方向の模様は荒地や草原を偽装している。

クライ社製の生地は可視光や赤外光の反射率も、森林や荒地等と
同じになるように作られています。

ちなみに、「マルチカモ」という言葉は一般的に「マルチカム」のレプリカを指す
場合が多い。


dc111402.jpg
パブリックドメイン




[PR]
by airgunnet | 2013-11-18 09:54 | 用語集 ま

用語集 ホップアップ

エアガンでBB弾を発射する際に、BB弾を縦方向に回転させて
浮力を発生させ、ホップなしに比べて格段に真っ直ぐ遠くに
弾を飛ばすシステムの事。

ホップアップは殆ど共通語ですが、独自の呼び方をしている
メーカーもあります。
例えば SⅡSでは、スピンドライブシステム(SDS)とか
マルシン工業では、LD-2システム等。

このシステムのお蔭で、銃刀法によって威力を制限された現在の
エアガンでも、遠くに弾を飛ばす事が出来ます。
ホップなしの場合は、発射されたBB弾は重力によって緩やかな
放物線を描いて飛びますが、適正ホップで発射されたBB弾は
ビューンと気持ちが良いほどフラットで真っ直ぐに飛んでいった後
力尽き落ちるという感じに飛んで行きます。
現在、エアガンの殆どが装備しているシステムで
固定式と可変式があります。

可変式はホップの強弱を自分で調節する事が出来るので
自分の好みでBB弾の飛び方を変える事ができます。
また使用するBB弾の重さを変えた場合でも、適正ホップの状態に
調節する事ができ、便利です。

ホップアップは、銃を真っ直ぐにして上方向に働くので、銃を横に傾けたり
逆さにして撃ってはいけません。
例えば左側に横倒しに傾けて撃つと、左側にカーブして飛んでいきます。




dc111401.jpg




[PR]
by airgunnet | 2013-11-18 09:54 | 用語集 は

用語集 フルオートトレーサー

実銃の曳光弾の様に、夜間でも弾道が判りやすくするため、BB弾を発光させながら
飛ばすシステムで、東京マルイから発売されています。

サイレンサーに似せた筒状の本体をバレル先端に装着して、専用の発光BB弾を
発射すると、フルオートトレーサー本体に差し掛かったところで弾を感知し
弾にストロボ発光を当てて、弾を光らせる仕組み。

旧型は自社製電動ガン全てに対応させるため、アダプターが何種類も付属して
いましたが、現在発売されている物は、14mm逆ネジ使用エアガンのみ対応です。

発光BB弾は、マルイ純正の他に他社ブランドでも発売されています。

フルオートトレーサー レビューページはこちら


tracer-00.jpg




楽天市場でフルオートトレーサーを探してみる方は、こちら
[PR]
by airgunnet | 2013-11-18 09:53 | 用語集 は

ノッチ→スライドストップ・ノッチ

実銃のオートマチック・ハンドガンやアサルトライフルは

撃つと、そのガス圧でスライドが(アサルトライフルの場合はボルトが)

後退して薬莢を排出して、今度はスライドが前進して戻る時に

次の弾をマガジンから拾って、チャンバーに装てんし

次の弾を撃つ準備が完了します。

まさに自動=オートマチックですね。

で、多くの場合、全ての弾を撃ち尽くすとスライドが

(アサルトライフルの場合はボルトが)開いたままで止まります。

これは、射手に弾が尽きた事を知らせるとともに、素早いマガジン交換を

可能にします。

全弾撃ち尽くすと、スライドが後退した時にスライドストップ・リリースレバーが

作動してスライドに引っ掛かり、スライドが後退したままで止まります。

このスライドが引っ掛かる部分をスライドストップノッチと呼びます。

s.jpg


スライドストップ作動時に、実銃の場合はスライドもスライドストップ・リリースレバーも

金属製なので、磨耗に関しては問題無いのですが、国産ブローバックガスガンの

場合、スライドはプラスチックでスライドストップ・リリースレバーは金属です。

なので一昔前のエアガンだと、長い期間スライドストップを作動させ続けると、

スライドストップ・ノッチのリリースレバーが当たる部分が、除々に変形

してしまうという現象が起きていました。

s2.jpg

変形が酷くなると、終にはリリースレバーが引っ掛からなくなり

全弾撃ち尽くしても、スライドがオープン状態で止まる事が出きなくなります。

最近ではスライドストップ・ノッチの変形を防止するため、対策を施しているメーカーも

増えてきました。

s3.jpg

こちらはウエスタンアームズ製、M.E.Uピストルのスライドストップ・ノッチですが

スライドストップ・リリースレバーと干渉する部分に金属プレートが

埋め込まれて、プラスチック部分の変形を防いでいます。

s5.jpg

これは、東京マルイ製のグロック18.

同じ様にスライドストップ・ノッチ部分の円柱形金属パーツで

ノッチの変形を防止しています。




[PR]
by airgunnet | 2013-11-18 09:51 | 用語集 な

用語集 スライドストップ・ノッチ

実銃のオートマチック・ハンドガンやアサルトライフルは

撃つと、そのガス圧でスライドが(アサルトライフルの場合はボルトが)

後退して薬莢を排出して、今度はスライドが前進して戻る時に

次の弾をマガジンから拾って、チャンバーに装てんし

次の弾を撃つ準備が完了します。

まさに自動=オートマチックですね。

で、多くの場合、全ての弾を撃ち尽くすとスライドが

(アサルトライフルの場合はボルトが)開いたままで止まります。

これは、射手に弾が尽きた事を知らせるとともに、素早いマガジン交換を

可能にします。

全弾撃ち尽くすと、スライドが後退した時にスライドストップ・リリースレバーが

作動してスライドに引っ掛かり、スライドが後退したままで止まります。

このスライドが引っ掛かる部分をスライドストップノッチと呼びます。

s.jpg


スライドストップ作動時に、実銃の場合はスライドもスライドストップ・リリースレバーも

金属製なので、磨耗に関しては問題無いのですが、国産ブローバックガスガンの

場合、スライドはプラスチックでスライドストップ・リリースレバーは金属です。

なので一昔前のエアガンだと、長い期間スライドストップを作動させ続けると、

スライドストップ・ノッチのリリースレバーが当たる部分が、除々に変形

してしまうという現象が起きていました。

s2.jpg

変形が酷くなると、終にはリリースレバーが引っ掛からなくなり

全弾撃ち尽くしても、スライドがオープン状態で止まる事が出きなくなります。

最近ではスライドストップ・ノッチの変形を防止するため、対策を施しているメーカーも

増えてきました。

s3.jpg

こちらはウエスタンアームズ製、M.E.Uピストルのスライドストップ・ノッチですが

スライドストップ・リリースレバーと干渉する部分に金属プレートが

埋め込まれて、プラスチック部分の変形を防いでいます。

s5.jpg

これは、東京マルイ製のグロック18.

同じ様にスライドストップ・ノッチ部分の円柱形金属パーツで

ノッチの変形を防止しています。




[PR]
by airgunnet | 2013-11-18 09:50 | 用語集 さ

用語集 ショットシェル

Cartouche.jpg
パブリックドメイン


ショットシェルとは、散弾銃やショットガン用の実包(弾薬)の事で
通常はプラスチックのケースと金属製のリムで構成されています。

ショットシェルを撃つと中身だけ飛んでいき、外側のケースは
先が破けるだけで、そのまま残ります。
散弾と言うだけあって、写真左側のショットシェルの様にケース内には
小さい粒状の弾が入っていて、撃つと散らばりながら飛んでいきます。
弾の大きさや数は、用途によって多くの種類があります。

写真右側は散弾銃用のスラッグ弾(散弾ではなく、単発の弾)で、殺傷能力が
高く、熊等大型動物の狩猟用の弾ですね。
散弾銃にはライフリング(弾が安定して飛ぶ様に、弾に回転をあたえるため
銃身内に掘られた溝)がないので、弾自体に溝がつけられています。


maruzen-m1100-4_20131114081036116.jpg


こちらはエアガン用のショットシェル。
マルゼンのM870M1100用のショットシェルです。
1~9発のBB弾を装てんで着ます。



[PR]
by airgunnet | 2013-11-18 09:49 | 用語集 さ