各メーカーの人気最新エアガンをレビューしていきます。


by airgunnet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
マルイ ガスブロ その他
マルイ ガスブロ ガバ系
マルイ ガンブロ グロック系
マルイ 電動ガン
マルイ 次世代電動ガン
マルイ 電動ハンドガン&SMG
マルイ 固定&リボルバーガス
マルイ LIGHT PRO
マルイ電動BOYs系
マルイ 10UP電動ブローバック
マルイ 10才以上用コッキング
KSC SIG系
KSC H&K系
KSC ガバ系
KSC その他
KSC 長物
マルゼン
マルシン
マルシン リボルバー
マルシンCDX
ウエスタンアームズ
タナカ
SⅡS
クラウン
KTW
セキトー
周辺機器
パーツ アクセサリー
やってみた特集
ランク ブローバックガスガン
ランキング 固定スラ&リボガス
ランキング コッキングエアガン
ランキング 電動ハンドガン&SMG
ランキング 電動ガン
ランキング 10upコッキング
ランキング 10UP長物電動
ランキング 装備品
ランキング 東京マルイ予約
用語集 あ
用語集 か
用語集 さ
用語集 た
用語集 な
用語集 は
用語集 ま
用語集 や
用語集 ら
用語集 わ
エアガン販売情報
マルイ コッキングエアガン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

KSC グロック17 スラ..
at 2017-04-10 01:18
Bolt MP5J BRSS..
at 2017-02-20 01:19
東京マルイ KSG ガスショ..
at 2016-10-16 09:01
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション

画像一覧

<   2013年 07月 ( 62 )   > この月の画像一覧

エアガン・レビュー マルイ電動ブローバックP30を修理してみた

  dc073101.jpg

今までマルイ製電動ブローバックモデルも色々と遊ばせてもらいましたが、結構故障しますよねえ?
私の中では、ミニ電動ガンシリーズより故障発生率高い様に感じるのですが(実際は分かりませんが)。
その故障の症状というのが、トリガーを引いてもウイーンとモーターの回る音がするだけで
一切作動しない悲しい状態。こうなると揺すろうが叩こうが直りません。(当たり前か)
電動ブローバックシリーズは、通常分解出来る様にはなっていないので、気軽に分解はできません。
購入したお店かメーカーに修理のお願いをする他はありません。てか、そうしないといけません。

しっしかし・・・、例えばオークションで中古で安く手に入れた物とかだと、これ以上お金をつぎ込むのも・・・・
修理費用がいくら掛かるか分からないので、修理に出すのも躊躇してしまう・・・・という場合もあります。
かといって、このまま押し入れにしまい込むのも、もったいない。
ならば自分で直したるかいー!!ってな事になりますわな。
ただし、分解してはいけない物を分解するので、今後はメーカーのサポートを受けられない事もありますので
自己責任で行わないといけません。

で、早速分解します。
まずはマガジンと電池を外してから、スライドを引くと 指が引っ掛けられるので
スライドを広げてフレームの溝からスライドを外します。
両側に広げられれば良いのですが、手は2本しかないので、私みたいに不器用な方は
片方ずつ外しても出来ます。(動画参照)
外れたらスライドを少し前方にスライドさせれば、フレームからスライドが外れます。
この作業が一番不確実で不安な箇所です。力を入れすぎてスライドを破損しない様に注意しませう。



dc073102.jpg  

本体はモナカ構造なので真っ二つに開く訳ですが、開く所にまたがって貼ってある物は取らなくてはいけません。
写真の電池の向きを示すシールは、取らずにカッターで切りました。
マウントレイルの底にある「シリアルプレートふうシール」は丁寧に剥がして、最後に貼り直します。 
dc073103.jpg  

左側のバネは両端とも爪に引っ掛けてあるだけなので、どちらか片方を外せば取れます。
右側のバネも少し前方に押しながら上に引き上げると、簡単に外せます。 

dc073104.jpg  

本体右側に5ヵ所あるネジを精密ドライバーではずします。サイズが場所によって違うので
どこのネジだったか覚えておいて下さい。 

dc073105.jpg  

おっと、アウターバレル先端のマズル部分ははめ込みになっているので、取らないといけません。
が、これががっちりとはまっていてなかなか取れません。
ラジオペンチや細いマイナスドライバーを駆使して、やっと外れました。
大分変形しちゃったけど・・・・・。 

dc073106.jpg  

で、ゆっくり少しずつ開きます。本体右側がフタになっているので、内部パーツが左側に付いたままに
なる様に開きます。おっとハンマーが取れちゃった。まあ、外しておきます。
で内部パーツには、なるべく触らない様にします。もし外れちゃったら元通りにしないといけません。
出来ればここで、鮮明な写真を撮っておけば、パーツがどこに付いていたか、分からなくなる事はないでしょう。 

dc073107.jpg  

今回の故障の原因として、私が思っていたのはモーターの軸に付いているギヤの破損。
でも実際みてみると、綺麗です。削れたりひびが入っている様にはみえません。
他のギヤも同様に綺麗で、少し手でギヤを回してみても、ガッチリ噛み合ってるみたいです。
他に原因をみつけられないのですが、ただモーターに付いているギヤが
次のギヤの軸に接触するくらいに出ていたので、押し戻してみました。

とりあえず、これで組んでみて作動確認します。
ここで問題発生。アウターバレルの根元あたりに装着されていたウエイトのはめ込みが出来ない。
どの様に取り付けられていたか、全然わからない。何度かトライしてだめだったので
苦渋の決断、今回は諦めました。

分解と逆の手順で、取り外すのが面倒なマズルとスライドは外したままで動かしてみます。
するとカチャコン、カチャコンと動きます。おー直ったーと思った瞬間、またウィーン、ウィーンという音に。
また分解してギヤを見てみると、モーターに付いているギヤが、押し戻す前の状態に戻ってました。
やはりモーターの軸とギヤが空回りしているみたいです。

うーん、どうしよう?瞬間接着剤で軸とギヤをくっ付けるのも芸が無いかなー。
で、ギヤを取り替えてみる事にしました。まあ、滑って空回りしたら同じ事なんですが・・・・。 

dc073108.jpg  

ギヤを替えるったって、何を使ったら良いのか?
で、ミニ四駆用で元のギヤと同じ8枚歯の物があったので、これにしました。
カーボン強化なんて、頼もしそうでしよ?
6個もいらないけど、6個入りの物なので・・・、まあ168円だし・・・。 

dc073109.jpg  

モーターは、何もしなくても上に向くので、上に向けたままで、古いギヤを引き抜きます。
案の定、ギヤと軸とは緩くなっていた様で、スポッと抜けました。
新しいギヤははめ込むのが少し固かったので、大き目のドライバーの柄の部分で叩いてなんとか装着。
この時、荒い扱いをすると他のパーツが本体から外れてしまう恐れがあるので
なるべく穏やかに作業します。

そして再度組み上げます。
今度は、ガチャコン、ガチャコンっと快調作動が続きます。
また滑って空回りしたら、今度こそ瞬間接着剤やなーと思いながら、フルオートで試射。



>


30%OFF!!東京マルイ 電動ブローバック H&K P30 フルオート(対象年齢10歳以上)

 

電動ハンドガン 10歳以上 東京マルイ 電動ブローバック H&K P30 4952839173553 電動ハンドガン 10歳以上 東京マルイ 電動ブローバック H&K P30 4952839173553 1
[PR]
by airgunnet | 2013-07-31 05:56 | やってみた特集

東京マルイ 電動ガンBOYs用 ズームスコープ

marui-18mm-scope-1.jpg

電動ガンBOYs専用 18mmレイル対応 ズームスコープ

全長   約134mm~145mm (等倍~2倍)

重量   約79g

倍率   等倍~2倍

価格   2,310円 (税込み)

marui-18mm-scope-2.jpg

長年待ち続けた物が遂に発売されました。
マルイ製10才以上用電動ガンの電動ガンBOYsシリーズは
使用する子供の体格に合わせ、実銃の8割程度にサイズを縮小しています。
当然、銃にマウントレイルが装備されている場合は小さくなって、通常サイズの
20mm幅のマウントレイルが、18mm幅になっています。
なので、すでに所有しているドットサイトやスコープを取り付ける場合
2mm幅が狭い分、何か物を挟み込むなどして、取り付けないといけませんでした。
しかも、18才以上用モデルに比べれば強度も低いので
重たいスコープ等を取り付けるのも躊躇してしまいます。
当然専用の光学機器の発売を待ち望んでいたわけです。

今回マルイから発売されたBOYs用スコープはトリジコン社のACOG
(Advanced Combat Optical Gunsight:高度戦闘光学照準器)タイプ。
カラーはブラックとフラット・ダークアースの2色。

ただ、私が最初にこのスコープの発売予告を見てゲロッっと思ったのは
やけに価格が安いこと。これはすなわち機能的にかなりデフォルメされて
いるのか?と言う事。
まあ、どっちにしろ、待ちに待った物なので即手に入れましたけど・・・・。

marui-18mm-scope-3.jpg

で、今回はフラット・ダークアース カラーをチョイス。
全体的に光沢があります。
左サイドの文字類はシールで残念。ただ雰囲気は出てますねー。

重量は実測で、79gと軽量。これならBOYsのプスチック製マウントレイルでも
余裕で耐えられますな。

marui-18mm-scope-4.jpg

スコープ本体上部にはノーマルサイト(アイアンサイト)を装備しています。
スコープで狙えない時は、こちらを使います。

marui-18mm-scope-5.jpg

ズーム倍率はスコープの接眼部を引き出して変えます。
通常の状態で1倍。接眼部を引き出すとズームされていき
一杯に引いた状態で、2倍になります。

marui-18mm-scope-6.jpg

で接眼部からスコープを覗いたのが、これ。
接眼部の内径はだいたい20mmあるのに、レンズ径は10mm位で小さく
それで・・・・・レティクル(通常十字になつた照準する部分)は無いです。

最初にそれを知った時には、「えー!!!!」っと思いましたが、まあ10才以上用
エアガンの性能を考えたら、価格が高くなってもスコープの視野を広くして
性能を十分発揮出来ないレティクルを装備するよりは
レティクルを無しにして、レンズを小さく視野をせまくする事で
ある程度狙いをつけられる様にすれば、かなりコストを抑えられる・・・・
という事でしょうか? 私はそう読みましたが・・・・。

まあ雰囲気を楽しむためにレティクルはあっても・・・・・・とも思いましたが
レティクルの照準とは全く違う方向に弾が飛んで行くのも嫌ですし
かといって狙点修正ダイヤルを付ければ、コストは上がってしまう。

やはり子供が買える値段のスコープとなれば、今回の仕様が妥当なのでしょう。

marui-18mm-scope-7.jpg

このスコープは実物同様マウント一体型なので、そのままマウントレイルに
装着出来ます。2か所のネジを締めるだけで固定出来るのも実物と同じ。

marui-18mm-scope-8.jpg

今回は電動ガンBOYs-スカーL CQC フラット・ダークアースに装着してみました。
んーほんと、この銃に装着するために作られたかの様にピッタリですねー。
スコープと銃の色合いも好いですし、サイズも勿論ジャストフィット。
スコープが軽いので、重量的なバランスが崩れないし。

スカーはフロントサイトとリアサイトが畳めて、スコープの視界の
邪魔にならないのも良いです。

marui-18mm-scope-9.jpg

どうしても、何か照準する物がないと嫌だーと言う方は、フロントサイトを立てて
見てください。これがピッタリと覗けます。
マルイさんも、こうする事計算に入れてましたね? と思うほどピッタリ。

フロントサイトを畳んで実際使ってみると、まあレティクルが無いのはやっぱり
寂しいですが、スコープで狙うとテンションが上がるのも事実。

私の場合、視野のど真ん中とはいきませんが、中心より上の方に
弾が飛んで行くのが見えます。
ホップの掛かり具合や、接眼部の覗き加減で十分修正出来るレベルで
それは2倍にしても同じ。
つまり、、、、「使えるスコープ」と言う事で、雰囲気も良いしお手頃価格でマル。



楽天市場=18mmレイル対応 ズームスコープはこちらから
       ↓↓   ↓↓



[PR]
by airgunnet | 2013-07-29 17:05 | 周辺機器

マルシン 44オートマグ クリント1シルバー

marushin-44automag-sv-1.jpg


ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   330mm

重量   1040g

装弾数  10発 (8mmBB弾)

価格   20,790円 (税込み)

marushin-44automag-sv-2.jpg

実銃44オートマグは、1970年に発売された世界初の44マグナム弾が撃てる
オートマチック・ピストルです。
当時は珍しかったステンレス鋼製で、SMGやアサルトライフルの様なボルトアクションを
採用し、リボルバータイプのスミス&ウエッソンM29・44マグナムを超える
最強の拳銃と言われましたが、実際は扱い難くて作動不良のオンパレード等
残念な銃という烙印を押されてしまいました。

最初のオートマグ社から倒産・売却・合併を繰り返し、AMT社の時に
俳優クリント・イーストウッドにプレゼントしたスペシャルモデルが「クリント・1」です。
銃身が8.5インチに延長され、シリアルナンバー部に「CLINT-1」と刻印されていました。

感激したイーストウッドは、撮影用のプロップガン「クリント・2」を作って
自身の映画「ダーティハリー4」に使いました。
クライマックスシーン、愛銃S&W・M29を失ったハリーがバッタバッタと悪人を
やっつけるのに使った銃がコイツです。
これによって、瞬く間にオートマグは有名になりました。
ただ、「残念な銃」のままですが・・・・。

marushin-44automag-sv-3.jpg

マルシン製クリント・1の取扱説明書に記載されてたいる日付は2005/11。
もう7年以上前に登場したんですねえ。
このクリント・1もオークションで中古を落札したものの、長い間レビューもされず・・・・
でしたが、まあ今更ながらレビューです。

モデルガン全盛の頃をご存知のおじ様達とか、ダーティハリーを見て
育った方なら、この44オートマグも受け入れ易いんじゃあないでしょうか?
まさに、「大きい事は良いことだ~」なんて言ってる時代でしたから。

しかも未来的なデザイン。以外なほど握り易いグリップ。
あーでも、やっぱり大きい、し長~い!!。
大きいので重量が1kg超えてるのに、重たく感じない。

グロックと比べてみても、こんなに長いです。
ダーティハリー4で44オートマグがカッコ良かったのも、イーストウッドが
長身だったから似合ってたんでしょうねー。

marushin-44automag-sv-4.jpg

シルバー塗装は全体的には綺麗ですが、細かく見れば粗い部分も。
パーティングライン(張り合わせ痕)は、バレル部分は綺麗に処理されてますが
フレームは、マルイ製ガスブロ・ガバメント並みの中途半端加減。
処理はされてますが、加工痕が残ってますよ的な・・・・。
グリップのプラスチック感も少し強め。

marushin-44automag-sv-6.jpg

刻印も、シルバーで少し埋まっちゃった感があります。

marushin-44automag-sv-7.jpg

作動に関しては、ご覧の様にボルトを引いてもバレルレシーバーは後退しません。
ショートリコイルは、キャンセルされていて、言うならストレートブローバックに
なっています。
まあ、オートマグのショートリコイル・ブローバックを再現するのは
大変だったのかも知れませんねー、とフォロー。

あと、細かい事をいえば、ボルトの後退量が多少短かったり、矢印部分の
メインロッドボスがマイナスネジだったり(実銃は六角ネジ)。こっ細かすぎか?

marushin-44automag-sv-8.jpg

セイフティレバーは大きくて軽いので、握っている右手で操作出来ます。
水平で射撃、上に押し上げるとセイフティ・オン。
写真の様にレバーを下げると、なんと空撃ちモード。
BB弾が装てんされていなくても、空撃ちして遊ぶ事が出来ます。
んー、なんて親切。

marushin-44automag-sv-9.jpg

リアサイトは上下左右調節可能なフルアジャスタブル・タイプ。
マイナスドライバーでネジを回して行いますが、クリック感はありません。

marushin-44automag-sv-10.jpg

マガジンの装弾数は10発。どでかい8mmBB弾なので
こんなもんです。
マガジンフォロアーの溝は、一般的にはマガジンの前面にありますが
このマガジンでは、側面にあるので、多少違和感があります。

marushin-44automag-sv-11.jpg

ついでに6mmBB弾と大きさを比べてみました。
こんなに差があるんですねー。改めてびっくり。

marushin-44automag-sv-12.jpg

通常分解は、テイクダウンラッチを下げるだけで簡単にフレームから
バレルレシーバーが外れます。

marushin-44automag-sv-13.jpg

で、ホップアップの調節はチャンバー底部の穴にマイナスドライバーを挿して
行います。時計回りに回すとホップ強になります。
が・・・いつもの様に、このタイプは適正ホップの位置が分り難く
何回も撃ちながら調整するのがめんどくさいです。

実射


最初に思ったのが、マガジンのサイズが本体とピッタリなのは良いですが
マガジンを外す時、マガジンキャッチ・リリースボタンをかなりグイッと奥まで
押さないとマガジンが外れないので、扱い難い事。

まあ、気を取り直して実射。
ボルトを引く時のテンションが予想以上に強く、金属製という事もあり
操作感は気持ち良いです。
その強いテンションのお蔭でブローバックは素早いですが
逆にリコイルショックは、最近のハードキックモデルに比べれば弱め。
個人的には、スプリングを多少弱くしてでも、ガツンとリコイルショックを強く
した方が気持ち良いと思うのですが。

トリガープルは、厳つい銃のわりに軽め。
適正ホップだと弾の飛びは良いです。大きな8mmBB弾がビューンと
飛んで行きますが、大きいのでやはり風の影響は受け易い様です。
ホップの不安定さも加わって、良く飛びますが
屋外・遠射での命中精度は低いですね、やっぱり。

でぇ、実は集弾性テストをする時に、ウォーミングアップ気分で10発を
2回撃った後に悲劇が・・・・・・。

なんと、マガジンを床に落としてしまい、悪い事にマガジンリップの
片方が完全に破損してしまいました。・・・・・・終了・・・・・・・。

初速も測ってませんでした。・・・・・・終了・・・・・・・。

という事で、なにげに撃った2回の結果を一応載せます。

んー今となっては古臭い大型拳銃で、人気もないかも知れませんが
個性的で美しいスタイルだし、実銃と違って作動性も良好。
たまには、こいつで8mmBB弾の迫力を味わうのも良いかも。

marushin-44automag-sv-14.gif
距離7m 半径2cm刻みの円 0.34g 8mmBB弾 10発
[PR]
by airgunnet | 2013-07-29 08:54 | マルシン

マルシン MP40 MAXI8 8mmBB弾 ブローバックガスガン

marushin-mp40-1.jpg


ブローバックガスガン (フルオートのみ)

可変ホップアップシステム

全長   625mm/835mm(ストック伸長時)

重量   2900g

装弾数  32発

価格   31,290円 (税込み、2007マットブラック仕様)

marushin-mp40-2.jpg


実銃MP40は、ナチス・ドイツ時代に開発され、第二次世界大戦で大量に使用された
SMGで生産性やコスト面で優れていため、その後世界中で使用されました。
9mmパラベラム弾を使用。
ストレートブローバックで、オープンボルト方式。
オープンボルトとは、弾の発射準備完了状態で、ボルトは開いたまま止まっていて
トリガーを引くとボルトガ前進し弾をチャンバーに送り込み、ボルトが前進しきったら
発砲、ボルトは後退して排莢する。
トンプソン、イングラムM11とかウージー等もオープンボルトですね。
長所は構造が単純で部品点数が少なくて済む事。逆に短所は
トリガープルが若干重くなる事と、トリガーを引くとボルトが前進して発砲するので
トリガーを引いてから発砲までタイムラグがある事などから精密射撃には向かない事。
なのでオープンボルト式は、SMGだとフルオートメインで使われる物に多いです。

で、マルシンのMP40ですが、さすがにモデルガン全盛時代から
モデルガン~エアガンと移り変わりながら、作られ続けたモデルだけに・・・。

ただ、そこはマルシン。外観的な質感とかは、ほどほど。
今回の物は「2007マットブラック」バージョンなんですが、外装の殆どは
サンドブラスト処理されたプラ製。ボルトも目で確認出きる範囲では
プラですね。なので必然的に操作感や操作音もプラスチッキー。


marushin-mp40-3.jpg

全身からプラスチック感が溢れてますが、重さは3kg近くあるので
ズッシリとした重量感はあります。
金属製のストックを伸ばせば、以外と大きくてガッチリした感じです。


marushin-mp40-4.jpg


その折り畳み式のストックは、取り付け部分にあるチェッカリングの入った
大きなリリースボタンを押すとロックが解除されて、ストックをスイング出来ます。

ストック先端のシヨルダーピース(肩当て)の起こしたり、倒したりも
適度なクリック感と固さで好感触。


marushin-mp40-5.jpg

リアサイトは比較的前方に位置します。色付けなどはありません。

marushin-mp40-6.jpg

リアサイトは2重構造で、遠射用の背の高い方を倒すと近距離用になります。
遠射用には操作し易いように、側面にチェッカリングが施されています。


marushin-mp40-7.jpg

大きな開口部のエジェクションポート。ここからガシャンガシャンと往復する
ボルトを眺めるのは、ある意味大迫力~。

エジェクションポートの少し前方に、ホップアップ調整用のイモネジが見えます。

marushin-mp40-8.jpg


ホップ調整は付属の六角レンチを使います。
時計回りに回すとホップが強くなります。が、やっぱり適正ホップが
分かり難い。このタイプのホップ調整と私は相性が悪い。
ある程度撃って平均な所で妥協ですな。

ただ、ネジが丸見えで見た目は悪いですが、撃ちながらホップ調整をするには
これが一番簡単です。

marushin-mp40-9.jpg


ボルトのストロークは長いですが、コッキングポジションは実銃より
かなり前方。まあエアガン仕様な訳ですが、この辺の割り切り方は
マルシンさんらしく、妙に拘らなくて清々しい。(いえ、オチョクリではありませんよ。)

marushin-mp40-10.jpg


ボルトレールには実銃と同様のセイフティが前後2か所に設けられています。
前方側のセイフティは、ボルト閉鎖時にボルトハンドルを銃本体方向に押し込むと
銃本体のノッチにボルトハンドルが引っ掛かり、ボルトの動きをロックします。

marushin-mp40-11.jpg


後方側のセイフティは、大きなノッチにボルトハンドルを引っ掛ける事で
動きをロックします。

marushin-mp40-12.jpg


マガジンキャッチ・リリースボタンは、チェッカリングの入った大きな物。
マガジンのガスが無くなって、ボルトが閉鎖した状態の時は、ボルトを
コッキングポジションに引いてからマガジンを抜かなくてはいけません。

marushin-mp40-13.jpg


マガジンの装弾数は、実銃と同じ32発。8mmBB弾が32発も並ぶと圧巻ですな。
弾はジグザグに複列で並びますが、マガジンフォロアーの溝が上部途中で
無くなってるので、弾が綺麗にジグザグになっているか確認できません。

ジャムの無い快調作動のためには、綺麗なジグザグに装てんされている方が
良いので、確認出来ないのはちょっと困りますねー。

marushin-mp40-14.jpg


それと銃を撃つ時は、矢印のマグウェル部分を持ちますが
撃っていると丸の部分のマガジンフォロアーが上がってきて
持っている手と干渉する事があります。まあ極後半ですが。
同じ理由で、マガジンを持って撃ってはいけません。
完全にマガジンフォロアーの動きを止めてしまって、給弾不良になります。
上手にマガジンフォロアーと干渉しない楊にに握れば別ですが。

また、剛性の関係で作動不良になる事もあるので、マガジンを持って
撃たないように、と説明書に書かれています。

marushin-mp40-15.jpg


実射

じつは、この日のために0.27gの8mmBB弾を大量に購入したのですが
説明書に「このモデルは、0.34gで調整されています」と記載があった。
キョエー!!よく声明書読んどけば良かった。

確認すると0.34gは数十発しかないので、初速計測に使い、0.27gを集弾テストに
使う事にしました。つまり2回ホップ調整しないといけません。ちと面倒。

気を取り直して、いざ実射。
全身プラスチック多用なので、ボルトを引いた感触もカチッとした剛性感に
乏しいですが、撃つとバシャシャシャッと、少し回転が遅めのフルオートが
古きよき時代のSMG的ノリのブローバックで、なんとも心地良い。
基本的にはフルオートの回転スピードが速いほど、トリガーハッピーは
感じ易いのですが、これはまた別の次元での心地よさなのです。

まあ、遅いと言っても秒間約12発なので、マルイ製スタンダード電動ガンの
15発よりは少し遅い程度。
実銃は毎分500発(秒間8発)位らしいですが、YouTubeで実銃の射撃シーンを
見てみると、イメージ的にはマルシンとあまり変わらない感じです。

エアガンだと射撃時に、実銃の様な衝撃とか反動が無い分
フルオートの回転スピードが少し速い方が、気持ちよく撃てるのかもしれません。

私のイメージ的には、今の回転スピードで十分満足な撃ち心地です。


YouTubeでの実銃射撃シーン




マルシン MP40




平均初速は室温27度で、81.2m/sでした。まあ、8mmBB弾でのこの数値は
どうなの?と聞かれると、なんとも。
ジュールで言えば1.12ジュールで、8mmBB弾の規制値は1.64ジュールなので
威力は、わりと抑えられてますね。

しかしながら8mmBB弾の飛びは、思った以上に良く飛びます。
6mmBB弾よりかなり大きく視認性が良いので、飛んで行くBB弾がはっきり
見えて、面白いです。まあ、良く飛ぶけど当たりませんけどね。
集弾性も良くはないですが、フルオートオンリーのSMGですからねー。
これぐらいでしょ。時代物ですし。

作動性は良く、ジャムは皆無でした。重めのリコイルショックで
装弾数32発を一気に撃ち切れるだけの実力もありますので
安心してフルオートを楽しめます。
弾を撃ち尽くしても、ガスがある限り空撃ちし続けるのは、まあ、ご愛嬌。

ただ、マガジンのガス容量が少ないのか、燃費が悪いのか、定かでは
ありませんが、ガスを一杯に注入しても32発のマガジンで
2回分は、持ちません。なので一回撃ち終わったら、BB弾と同時に
ガスも毎回注入してやる必要があります。

んーこのMP40、大戦マニアとかドイツ兵なりきりアイテムとしては必須です。
この銃を構えるだけで、貴方もナチス・ドイツ。
それほどイメージが確立されている銃なのです。
さあ、皆さんもサバゲーフィールドでMP40を連射し、
「マイネ エーレ ハイスト トラウエ!!」と叫びながら
連合軍に突っ込みましょう。
(ただし、8mmBB弾使用OKのフィールドに限りますが・・・・・・。)


marushin-mp40-16.gif

距離7m 半径2cm刻みの円 0.27g8mmBB弾フルオート10発

marushin-mp40-17.jpg
距離7m 半径2cm刻みの円 0.27g8mmBB弾フルオート32発
[PR]
by airgunnet | 2013-07-29 08:29 | マルシン

人気ランキング 装備品

サバイバルゲームを始めると、エアガンの次に揃えたくなるのが

装備品ですね。目を守るゴーグル以外は絶対必要という物では

ありませんが、雰囲気を盛り上げるアイテムなのは確かです。

ウエア・戦闘服・ブーツ等は、普段着としても使えるので

そんな目線で選ぶのも良いかも。


人気ランキング 装備品 1位

5.11タクティカル・タックライトプロパンツ



素材:ポリエステル65% / コットン35% 混合リップストップ生地

薄手で履き心地の良いタックライトプロパンツ。機能的に配置された多数の

ポケットで収納性に優れています。ヒップの部分と膝部分は生地を2重に重ねて

補強されており耐久性抜群。

テフロン加工生地で撥水性、防汚性がありシーズンを通して使えます。

インナーパッド対応。Dリング、万能ストラップを搭載しています。

5.11とはクライミングで最も難易度の高いレベルのこと。

クライマーであったロイヤル・ロビン氏によって発案された5.11パンツは、

米国FBIアカデミーに正式採用され今や全世界の軍、警察にて採用されています。


人気ランキング 装備品 2位

SHENKEL 【BDU】迷彩服 戦闘服 上下&ミリタリーキャップセット




お手ごろな価格で、サバゲー入門用にいかが?


人気ランキング 装備品 3位

5.11タクティカルタックライトプロシャツ長袖




FBIやフェデラルエ-ジェントなどのアンダーカバー向けに開発された

夏場や高温時のミッションに適した軽量タクティカルシャツ。

胸部の左右に令状、機密書類やマップなどの収納に便利な

隠しドキュメント・ポケットを搭載しています。

撥水・撥油性、防汚性、耐久性に優れ、水や体液の浸透を

極力防ぐデュポン社が開発したテフロン®コート加工が施され

素材にはポリエステル/コットン混合のリップストップを採用。

生地はキズか付いてもその部分から裂け目が広がらない。



人気ランキング 装備品 4位

コルト タクティカルギアーベスト CT393





購入された方のレビューを見ると、ベスト自体の作りはまあまあの

評価ですが、ピストルホルスターとピストルマガジンポーチのサイズが

小さい様で、ピストルホルスターではレビューによるとグロック17が

ピッタリサイズ。コルト・ガバメントも入ったとの記載が。

ただしベレッタM9(M92)は入らなかったとのレビューが。

まあグロック派の私なら問題無いですが、アメリカ軍の

正式拳銃であるM9が入らないとは・・・・・。

コルトの恨みで?  そんな事はないか?



人気ランキング 装備品 5位

CRYE PRECISION 社製
NAVY SEALs カスタムフィールドパンツ






米海軍SEAL放出品のCRYE PRECISION社製 AOR-2 ネイビーカスタム

フィールドパンツです。

現在もっともレアな最新AOR-2 デジタルウッドランド迷彩色のCRYE社純正。

CRYE PRECISION社製の「ネイビーカスタム」シリーズは米海軍SEAL

DEVGRUチームで着用されており、最新装備再現のマストアイテムとなっていますが、

CRYE PRECISION社製のAOR-1/2迷彩アパレルは民間への販売が規制されているため、

非常に入手困難となっています。
[PR]
by airgunnet | 2013-07-28 17:06 | ランキング 装備品

人気ランキング 東京マルイ新製品予約ランキング

静岡ホビーショウでの、東京マルイの衝撃的な

新製品発表から、まだいくらも経っていませんが

早くも新商品の予約販売が始まっているまで

ランキングにしてみました。



人気ランキング 東京マルイ新製品予約ランキング 1位

サムライエッジA1 ジル・バレンタインモデル




可変ホップアップシステム  全長  216mm  重量  961g

装弾数26発    2013年夏 完全限定品


最近発売されたM9A1をベースにしたサムライエッジで、ゲームソフト

「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」

内に登場する。

モデルチェンジしたM9A1がベースという事で、サムライエッジ初の

可変ホップアップとデコッキング機能搭載モデルになりました。

また専用のガンケース付でプレミアム感も最高です。

バイオ・ファンなら、ぜひ!!


人気ランキング 東京マルイ新製品予約ランキング 2位

M870 タクティカル ガスショットガン

【予約】M870 タクティカル ガスショットガン !!【予約】東京マルイ M870 タクティカル ガスシ...





固定ホップアップシステム  全長  954mm  重量  2,680g

装弾数  30発  

今までのマルイ製コッキングエア・タイプのショットガンは一度の射撃で

3発を同時発射して、実射性能も高かったのですが

いかんせん、ポンプアクション(コッキング)が重く

連続的に発射するのは、億劫になるほどでした。

しかし今回はガスタイプなので、その心配も無く

同時発射も3発と6発の切り替えが可能。

システム的にはコッキングテイプの物と同じで

BB弾30発が入るショットシェル型マガジンを

装着して5ショットから10ショット撃てます。

外装は金属パーツ多用のリアルな造りで、レシーバーや

トリガープレートは亜鉛ダイカスト製。

取り外しが出来る、大型ガスタンクはストック内に収納。

「タクティカル」という名前のとおり、レシーバートップには

リアサイトを兼ねた20mmピカティニーマウントレイルが

装備されています。


人気ランキング 東京マルイ新製品予約ランキング 3位

ガスグレネードランチャー M320A1






全長  365mm/495mm(ストック最長時)  重量  本体1,880g カート110g

装弾数 カートリッジに18発


今までのグレネードランチャーは、カートリッジにガスを注入するため

カートリッジは精密かつ丈夫な構造が必要なため、

必然的に重くなるという、デメリットな面がありましたが

今回のマルイ製はグレネードランチャー本体にガスを注入するので

カートリッジ自体は安価で軽量な物になり

複数携帯して運用する事が、楽になりますね。

1回のガスチャージで25~35回発射が可能で、実用射程距離は

20~30m位。20mでBB弾は2㎡拡散するそうです。

タンジェント・サイトを使った単独使用と、ストックを外して

HK416D、SOPMOD M4等に装着しての使用が可能。

 
【予約】ガスグレネードランチャー用グレネードカートリッジ !!【予約】 東京マルイ ガスグレネ...







人気ランキング 東京マルイ新製品予約ランキング 4位

M9A1 ステンレスモデル  

【予約】東京マルイ ガスブローバック M9A1 ステンレスモデル !!【予約】 東京マルイ ガスブロ...



可変ホップアップシステム  全長  216mm  重量  961g

装弾数  26発  

昨年フルモデチェンジして発売されたM9A1に、ステンレスモデルが登場します。

外装の仕上げは、艶をおさえた硬質マットクロームメッキで

マガジンもクロームメッキ仕上げ。

サイトにはレッドポイントが入り、グリップスクリューもメッキ仕上げに。




人気ランキング 東京マルイ新製品予約ランキング 5位

ガンサウンド VSR-10 プロハンターG 




可変ホップアップシステム  全長  950mm/1,135mm(サイレンサー装着時)

重量  2,900g  装弾数30発

銃本体の特徴としては、VSR-10 Gスペックのシルバーメッキ仕上げで

シルバーメッキ・プロスコープズーム(3~9×40)と

ハリスタイプ・サイドレイル付きバイポットが標準装備で

射撃と同時に反動を発生させる、リアルショック機構を搭載。

そして銃の発射と同時に轟音が轟くガンサウンドシステムを搭載。

これは、銃本体内部に発射検知システムを搭載し、発射と同時に

受信機に送信。ヘッドホンまたはイヤホンからリアルな発射音が

聞こえる、という物。

発射音は4種類(ひとつはサイレンサー発射音)で、LR44電池3個で

3万発分送信可能。送受信距離は4メートルで

受信機側は単4アルカリ電池3本で連続24時間の受信が可能。

小型イヤホンが付属で、各種ヘッドホンの使用も可能です。
[PR]
by airgunnet | 2013-07-27 10:33 | ランキング 東京マルイ予約

人気ランキング 10才以上用コッキングエアガン

10才以上用コッキングエアガンと言えば、ハンドガンタイプが

中心で、長物と呼ばれる物は数も限られていましたが

最近は、結構本格的なボルトアクション・スナイパーライフルも

登場したりと、まだまだ楽しませてもらえそうです。

ハンドガンに限らず、実射性能が良くて安定しているのは、

やはりマルイ製になりますねー。

マルイがスナイパーライフル作ってくれたら、凄い物が

出来そうなんですが・・・・・・。


人気ランキング 10才以上用 コッキングエアガン 1位

クラウンモデル スーパーライフル U10 スコープタイプ




可変ホップアップシステム 全長 1,013mm 重量 2,226g

装弾数  排莢式  5発 /ケースレス  25発

価格  14,490円(税込)


カートリッジ・ケースにBB弾を装着して、装弾数5発のロータリーマガジンを使う方式と

装弾数25発の外付けマガジンで、カートリッジを使わない方式に変更が可能。

つまり屋外でサバイバルゲーム等を楽しむ時は、外付けマガジン仕様にして

排莢アクションを楽しむ時は、カートリッジタイプにする

と言う様な切り替えが出来ます。


楽天市場--クラウン スーパーライフル    

ヤフーショッピング--クラウン スーパーライフル



人気ランキング 10才以上用 コッキングエアガン 2位

東京マルイ S&W M645



固定ホップアップシステム  全長  220mm  装弾数  13発

メーカー希望小売価格:¥1,980 (税込 ¥2,079)


S&W社が初めて開発したダブルアクション方式の.45口径自動拳銃。

コルト・ガバメントの使用弾である.45ACP弾を使用する。

マルイ製コッキングエアガンM645は、シリーズ初期の設計のままなのか、マガジンが

リアルタイプでは無いですね。


楽天市場--東京マルイ M645      

ヤフーショッピング--東京マルイ M645

人気ランキング 10才以上用 コッキングエアガン 3位

東京マルイ 44オートマグ


固定ホップアップシステム  全長 274mm  装弾数15発

メーカー希望小売価格:¥1,980 (税込 ¥2,079)


44オートマグは1970年に発売された、世界初の

マグナム弾を使用するオートマチック・ピストルです。

ステンレスモデルのみの発売で、大型のレシーバー一体型銃身は

上部にリブが設けられ、大型のクーリングホールが開けられています。

使用弾薬は.44AMP(.44 Auto Mag Pistol)。

マルイ製コッキングエアガン44オートマグは、シリーズ初期の設計のままなのか

M645と同じく、マガジンがリアルタイプでは無いですね。

楽天市場--東京マルイ 44オートマグ   

ヤフーショッピング--東京マルイ 44オートマグ


人気ランキング 10才以上用 コッキングエアガン 4位

クラウンモデル スーパーライフル



可変ホップアップシステム  全長  1,013mm  重量  1,820g

装弾数  排莢式  5発 /ケースレス  25発

価格  9,240円(税込)


こちらはスーパーライフルの、スコープ無しバージョン。

独特のリアサイトが装着されています。

楽天市場--クラウン スーパーライフル  

ヤフーショッピング--クラウン スーパーライフル


人気ランキング 10才以上用 コッキングエアガン 5位

東京マルイ センチメーターマスター



固定ホップアップシステム  全長  241mm  装弾数  3発

メーカー希望小売価格:¥2,600 (税込 ¥2,730)

南アフリカのポール・リーベンバーグによって作られたカスタムモデル。

名称は口径が1cm(10mmオート使用)な事に由来します。

10mmオート弾の反動を抑えるために、スライド先端にコンペンセイターが

装着されているのが特徴。

東京マルイ製センチメーターマスターは、装弾数30発、

大容量でリアルな専用マガジンが付属します。


楽天市場--東京マルイ センチメーターマスター 

ヤフーショッピング--東京マルイ センチメーターマスター
[PR]
by airgunnet | 2013-07-27 00:14 | ランキング 10upコッキング

マルイ センチメーターマスター 10才以上用



centi10up-1.jpg

コッキングエアガン (10才以上用)

固定ホップアップシステム

全長   241mm

重量   294g

装弾数  30発

価格   2,079円 (税込み)


centi10up-2.jpg

実銃のセンチメーターマスターは、その名の通り
10mm=1センチメーター口径の競技用ピストルです。
競技用といっても、より実戦に近いコンバット
シューティング用に作られました。
なので、マンストッピングパワーも考慮した結果
中途半端な10mm口径弾を使用。
しかし、10mm弾が普及する事は、ありませんでした。


centi10up-3.jpg

センチメーターマスターは、ガバメントをベースに
バレル先端に取付けられた、大きなコンペンセイターが
特徴。
マルイ製コッキングエアガンも、この特徴を
上手く再現しています。
ただ、同じマルイ製電動ブローバックモデルの
センチメーターマスターは、コンペンセイターが金属製
なのに対して、この10才以上用コッキングはプラ製。
まあ、価格に差があるので、しょうがないですが、残念。


centi10up-4.jpg

スライドとコンペンセイターはシルバー塗装ですが
フレームは、プラ素材のままです。色的には、
ツートンで良いんですが、やはりギャップが・・・。
貼り合わせ部分も、少しは手を加えて欲しいところです。
エジェクションポートは、モールドでは無いですが
いくらスライドを引いても、中は見られませんでした。
ハンマーはモールドで動きません。
リアサイトの上下調節は、本物のネジだったので
緩めてみると、バネというかスプリングが無いので
無駄でした。
でも、適当なスプリングをはせれば、なんか使えそうな
気がしなくもない・・・感じ・・・・。


centi10up-5.jpg

大型のアンビセイフティは、使い易いですが
動きが軽いので、グリップした手が触れただけで
動いてしまいます。
しかし、彫りは浅いですがトリガーガード前面には
チェッカリングが施されてますし、スリーホールタイプの
トリガーや大型のマガジンキャッチ、サムガード等
それなりにレースガンの魅力を、感じる事が
できます。それなりに・・・・・ねっ。


centi10up-6.jpg

マガジンはウエイト入りで、少し重さをかんじます。
マガジンは多弾数タイプで歓迎ですが
1発づつ、装てんしてある弾を押し下げながらの
装てんなので、込めれば込めるほど力が必要で
フルに装てんするのは、苦痛の領域に・・・・・。
適当なところで止めるのが賢い選択かも。

実射

基本的にマルイ製コッキングは、10才以上用といえど
かなり優秀な集弾性を持っています。
ただコスト的に、手間暇かけられないので
製品に多少個体差が有るのも事実。
まあ、トイガンなら多かれ少なかれ個体差はありますねえ。
今回の個体は、使い込んでいると言う事もありますが
けっこうばらけてしまいました。
んー、メンテしてないからかなー?


centi10up-anime.gif
7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾 10発


楽天市場でセンチメーターマスターを
さがしてみる方はこちら
 ↓↓   ↓↓
楽天市場--東京マルイ センチメーターマスター 

ヤフーショッピングでセンチメーターマスターを
さがしてみる方はこちら
 ↓↓   ↓↓
ヤフーショッピング--東京マルイ センチメーターマスター

[PR]
by airgunnet | 2013-07-26 23:41 | マルイ 10才以上用コッキング

人気ランキング 10才以上用SMG&ライフル電動ガン

10才以上用SMG(サブマシンガン)&ライフル(アサルトライフル)電動ガンクラスは

ほぼ、東京マルイ製 電動ガンBOYsシリーズになりますね。

クラウンとかセキトー等でも、僅かに販売されていますが、規模的にまだまだの様です。

最近マルイから、LIGHT PROシリーズと言う新しいカテゴリーの電動ガンも

発売されましたので、今後の展開がますます楽しみです。



さて、電動ガンBOYsシリーズですが、規制値に近いパワーと18才以上用電動ガンと同じ

秒間15発の連射性能。大容量のゼンマイ式多弾マガジン(初期モデル除く)等

10才以上用エアガンのフラッグシップと呼べるモデルになっています。

サイズが実銃の8割程度の大きさで子供でも扱い易く、電源は、

単三アルカリ電池を6本使用します。



10才以上用SMG&ライフル電動ガン ランキング1位

東京マルイ 電動ガンBOYs H&K G36C




可変ホップアップシステム  全長  425 mm / 610 mm(ストック伸長時)

重量  1,200g  装弾数  230発  

メーカー希望小売価格:¥7,800 (税込 ¥8,190)


世界各国の軍や警察が使用するG36Cは、ドイツ H&K社のG36シリーズのコマンドモデルです。

強化プラスチックを多用し、軽量化と自由度の高いスタイルを実現しています。

18才以上用電動ガンでもお馴染みのモデルが、BOYsシリーズにもモデルアップされました。


楽天市場----東京マルイ 電動ガンBOYs H&K G36C

ヤフーショッピング----東京マルイ 電動ガンBOYs H&K G36C


10才以上用SMG&ライフル電動ガン ランキング2位

東京マルイ 電動ガンBOYs ソップモッドM4




可変ホップアップシステム  全長  591 mm / 660 mm(ストック伸長時)

重量  1,030 g  装弾数  140発

メーカー希望小売価格:¥7,800 (税込 ¥8,190)


SOPMOD M4のソップモッドとは、「Special Operations Peculiar Modification」の

略で、特殊部隊用タイプって意味らしい。

ハンドガードの4面をマウントレイル化して、さまざまな用途に対応出来る

モジュラーウェポンシステム・M4です。


マルイのソップモッドM4のバレルには、RAS(レイルアタッチメントシステム)が装備され

上面には、PEQ-2(IRレーザー&IRイルミネーター)型バッテリーケースが乗っています。

ここに単三アルカリ電池6本を収納します。



楽天市場----東京マルイ 電動ガンBOYs ソップモッドM4

ヤフーショッピング----東京マルイ 電動ガンBOYs ソップモッドM4



10才以上用SMG&ライフル電動ガン ランキング3位




東京マルイ 電動ガンBOYs スカーL CQC フラットダークアース





可変ホップアップシステム  

全長  463 mm(ストック折りたたみ時)/ 625 mm / 673 mm(ストック伸長時)

重量  910g  装弾数  140発

メーカー希望小売価格:¥8,800 (税込 ¥9,240)


スカーは、ベルギーのFN社がアメリカ特殊作戦軍(U.S.SOCOM)向けに開発したアサルトライフルです。

「SCAR」とは「Special operations forces Combat Assault Rifle(=特殊部隊用戦闘アサルト

ライフル)」の略で、「L」はLight=軽量弾を使用すると言う意味。


マルイの電動ガンBOYsシリーズでは、最新アサルトライフルのスタイルをリアルに再現しています。


楽天市場----東京マルイ 電動ガンBOYs スカーL CQC

ヤフーショッピング----東京マルイ 電動ガンBOYs スカーL CQC



10才以上用SMG&ライフル電動ガン ランキング4位

東京マルイ 電動ガンBOYs スカーL CQC ブラック






可変ホップアップシステム  

全長  463 mm(ストック折りたたみ時)/ 625 mm / 673 mm(ストック伸長時)

重量  910g  装弾数  140発

メーカー希望小売価格:¥8,800 (税込 ¥9,240)


こちらは3位と同じ スカーL CQCのブラックモデルです。


楽天市場----東京マルイ 電動ガンBOYs スカーL CQC

ヤフーショッピング----東京マルイ 電動ガンBOYs スカーL CQC


10才以上用SMG&ライフル電動ガン ランキング外の注目株

東京マルイ LIGHT PROシリーズ M4 CQB


可変ホップアップシステム  全長  690 mm / 775 mm(ストック伸長時)

重量  1,500g  装弾数  340発

メーカー希望小売価格:¥14,800 (税込 ¥15,540)

10才以上用エアガンのフラッグシップモデルと言えば、電動ガンBOYsシリーズですが

サイズが実銃より縮小されているために、当然マウントレイルも幅が2mmほど狭まり

光学機器やフラッシュライト、レーザーサイトを付けたくても

そのままでは、付けられない状況でした。

その様な中、リアルサイスの長物電動ガンを・・・・と言う要望に答えたのが

LIGHT PRO シリーズで、その第一弾がM4 CQBです。


楽天市場----東京マルイ LIGHT PRO M4 CQB

ヤフーショッピング----東京マルイ LIGHT PRO M4 CQB
[PR]
by airgunnet | 2013-07-26 11:42 | ランキング 10UP長物電動

マルイ電動ガンBOYs SOPMOD M4 ハイグレード

boys-m4-hg-1.JPG

電動ガン (10才以上用)

可変ホップアップシステム

        全長   591mm/660mm(ストック伸長時)

重量   1,000g (電池込み)         

        装弾数   140発 (ゼンマイ式多弾マガジン)

  価格   8,190円 (税込み)
    

boys-m4-hg-2.JPG

M4カービン・MP5の2種類が発売されてから、数年間新機種が発売されなかった
電動ガンBOYsシリーズですが、ここにきて「G36C」に続いて、立て続けに
発売になるとは。
しかも、ハイグレードバージョンに進化しての登場ですから、嬉しいかぎりです。
まあ個人的には、M4以外の今までにない機種でも良かったのですが
王道のM4をアップグレードさせるのが、先決だったんでしようなー。

で、今回発売になったのはSOPMOD M4。ソップモッドってなんぞや?って感じですが
なんでも「Special Operations Peculiar Modification」の略で、特殊部隊用タイプ
って意味らしいですな。

boys-m4-hg-3.JPG

短いバレルには、RAS(レイルアタッチメントシステム)が装備され
上面には、PEQ-2(IRレーザー&IRイルミネーター)型バッテリーケースが乗っています。
残念ながら、このバッテリーケースは取り外す事は出来ません。
バッテリー後部の、2つの大きなダイヤルがロックになっていて、2つ同時に
内側にスライドさせると、ロックが解除されてフタが開きます。

RASの下側の穴は塞がれていますが、上側は開いていて中を覗くと
アウターバレルと、なんと再現されたガスチューブが見えます。

boys-m4-hg-4.JPG

フォアグリップは、大人が持つのにも十分な長さがあり、握り易いですし
底部のネジを緩めれば、前後にスライドして好みの位置に調節したり
取り外す事もできます。

boys-m4-hg-5.JPG

クレインタイプのストックは、4段階に長さが調節できます。

boys-m4-hg-6.JPG

グリップには、電動ガンBOYsや10才以上用電動ハンドガンではお約束の
グリップセイフティがあり、このボタンを押しながらでないと、トリガーはひけません。
まあ、ボタン自体は軽く押せるし、グリップを握れば自然に押しているので
あまり違和感を感じる事はないでしょう。

boys-m4-hg-7.JPG

LMTタイプ・リアサイトは、脱着式。
今後18mmレイル用のドットサイト等が発売されたら、交換出来ますねー。

boys-m4-hg-8.JPG

ビープホール式のリアサイトは、ノーマルと精密射撃用の穴を
前後に倒して切り替えます。
残念ながら上下調節は不可ですが、左右は大きめのダイヤルを回して
簡単に調整する事が出来ます。ダイヤルを回すと、カチカチッとクリック音がして
雰囲気も盛り上がります。

boys-m4-hg-9.gif

エジェクションポートカバーを開くと、ホップアップ調節レバーがあります。
スライドさせて調整しますが、少し硬め。

boys-m4-hg-10.JPG

多弾数マガジンは、ゼンマイ式で装弾数140発。一瞬えっ?ってなりました。
同じ電動BOYsのG36Cが装弾数230発なのに、えらい少なくなってます。
早速、写真左側のG36Cのマガジンと比べて見ると、一回り小さいんですねー。

boys-m4-hg-11.gif

バッテリーは、単三アルカリ電池を6本使用します。説明書には必ずアルカリ電池を
使用するように、書かれています。
理由として、マンガン電池だとパワーが足りず、正しく作動しないためだそうです。
早速100円ショップで、4本で100円のアルカリ電池を購入。
今回は発射サイクルと初速を計測してみました。
850/分・・・・と言うことは、秒間14.1発。この寒い時期を考えれば
ほぼ公称値どおり。
初速は、46.45m/sで、今までの電動ガンBOYsシリーズと同じく
10才以上用の上限に近い、パワフルな物です。

実射

外観はフレームの部分のみ艶が消されてますが、他の部分はプラスチックそのまま。
なので、そこそこな高級感ですねー。
しかし動かないパーツを含めて、各部しっかり作られているので
価格からみれば、少なくとも私はかなり満足度高いです。
まあ、プラスチックが多用されているので、それなりの剛性感ですが。

後は、トリガープルに節度感があったら最高ー。ってそれは贅沢か?

実射性能は、上級モデルらしく素晴らしい。
サイズ的には、実銃の8割程度に小さくなってますが
大人が構えても、全然窮屈な感じがしません。SMG(サブマシンガン)を
撃ってる感覚です。
トリガーを引けば「キュパパパッ」っと軽快な作動音とともに、BB弾がフラットに飛んでいく。
ちよっと小さいせいか、ゼンマイ式マガジンが使い難くかんじますが
普段使い慣れてないからかな?

boys-m4-hg-12.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾・セミオート10発

フルオートは、大人用に比べれば迫力に劣りますが、発射サイクルは同じですし
多弾マガジンで気持ちよく連射していたら、あっという間に
手持ちのBB弾が無くなってしまいます。
今の子供達は、凄いエアカンで遊べるんやねー。

boys-m4-hg-13.JPG

7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾・フルオート


 



楽天市場でマルイ 電動ガンBOYs M4 SOPMODを
みてみる方はこちらから。
   ↓↓     ↓↓





楽天市場=マルイ BOYs M4 SOPMOD 一覧
[PR]
by airgunnet | 2013-07-25 23:50 | マルイ電動BOYs系