各メーカーの人気最新エアガンをレビューしていきます。


by airgunnet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
マルイ ガスブロ その他
マルイ ガスブロ ガバ系
マルイ ガンブロ グロック系
マルイ 電動ガン
マルイ 次世代電動ガン
マルイ 電動ハンドガン&SMG
マルイ 固定&リボルバーガス
マルイ LIGHT PRO
マルイ電動BOYs系
マルイ 10UP電動ブローバック
マルイ 10才以上用コッキング
KSC SIG系
KSC H&K系
KSC ガバ系
KSC その他
KSC 長物
マルゼン
マルシン
マルシン リボルバー
マルシンCDX
ウエスタンアームズ
タナカ
SⅡS
クラウン
KTW
セキトー
周辺機器
パーツ アクセサリー
やってみた特集
ランク ブローバックガスガン
ランキング 固定スラ&リボガス
ランキング コッキングエアガン
ランキング 電動ハンドガン&SMG
ランキング 電動ガン
ランキング 10upコッキング
ランキング 10UP長物電動
ランキング 装備品
ランキング 東京マルイ予約
用語集 あ
用語集 か
用語集 さ
用語集 た
用語集 な
用語集 は
用語集 ま
用語集 や
用語集 ら
用語集 わ
エアガン販売情報
マルイ コッキングエアガン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

KSC グロック17 スラ..
at 2017-04-10 01:18
Bolt MP5J BRSS..
at 2017-02-20 01:19
東京マルイ KSG ガスショ..
at 2016-10-16 09:01
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション

画像一覧

カテゴリ:マルシンCDX( 2 )

マルシン FNファイブセブン CO2ブローバックガスガン

marushin-fn57co2-1.jpg

CO2ガス仕様ブローバックガスガン

全長   210mm

重量   780g

装弾数  22発

価格   25000円 (税抜き)

marushin-fn57co2-2.jpg


マルシンからCO2ガス仕様のM1カービンが発売され、同じCO2ガス仕様の
固定スライド・ハンドガンも登場し、いよいよCO2仕様のブローバック・ハンドガンが
作られると知った時には心躍りました。
まあ正直「なんでファイブセブン?」と思ったのも確かですが。
で、改めて6mmBB弾・通常ガス仕様のケースレスブローバック・ハンドガンの
ラインナップを見てみると・・・・・・んー既存モデルを使うとなると
これしかないか~と、妙に納得。
CO2ガス・カートリッジをマガジンに収納するとなると、ある程度幅が
必要ですからねー。
全く新規からのスタートとなると、もっと発売時期が遅くなったでしょうし
ファイブセブンだったのは、至極必然だったのかもしれません。
となると、第2弾は・・・?、と少し不安に。

初回生産分にはCO2ガス・カートリッジ3本おまけ付きです。

実銃のファイブセブンは、ベルギーのFN社が開発したオートマチック・ピストルで
同社の短機関銃P90と同じ5.7×28mm小口径高速弾を使用します。
なのでP90使用時のサイドアーム的存在で、個人的にはそれしか考えられない
個性的な形状をしています。

marushin-fn57co2-3.jpg


では、外観から・・・・

実銃のファイブセブンのスライドも、スチールの表面をプラスチックで
覆っているので、トイガンとしては、表現しやすいかな。
実銃も見た目ほんとにトイガンぽい。
マルシン・ファイブセブンのスライドも、実銃と同じ二重構造なのはリアル。
スライドとフレームのプラスチックの質感が違うのですが
フレーム部分のプラスチックの艶は、もう少し控えめな方が好みでした。
ついでに欲を言うと、実銃では2013年に「Five-seveN MK2」っていう新モデルが
発表されてて、スライド前部にセレイションが追加され、ボタンやレバー等の
操作系が灰色から黒色に変更。リアサイトの形状も変更されてて
なかなかカッコ良く変身していたので、できれば最新バージョンで
登場して欲しかった。
まあ、今後に期待しましょう。

marushin-fn57co2-4.jpg


マルシン・ウエッブサイトの商品説明によると、チャンバーの刻印
クロームメッキ後サテーナ仕上げのライセンスプレート、そして
初回生産限定アウターバレル先端ブルーイング処理は、日本仕様のみ
とのこと。

marushin-fn57co2-5.jpg

セイフティはアンビタイプ(左右両側から操作出来るタイプ)。
銃をグリップしてる人差し指で操作出来ますが、操作は適度に軽く
節度感もあって使い易いです。
セイフティと言えば、ガバメント等のサムセイフティ(グリップしてる親指で
操作出来る)に慣れ親しんでるので、最初は戸惑いますが、
慣れればスムーズに操作できて便利です。

marushin-fn57co2-6.jpg

スライドストップ・リリースレバーもベストポジションにあって、スムーズに
操作できますが、マガジンキャッチ・リリースレバーは、大きくて突き出てる割りに
縦長なグリップが災いして、グリップしてる親指が届き難く
私の様な指の短めな人には、ちと使いづらいです。
まあ手が大きい人なら問題ないことですけど。
でもやっぱり、見た目の形以外でファイブセブンを敬遠してしまうのは
この縦長でシックリこないグリップのせいなんですよね。
まあ、実銃のファイブセブンは、その名が示す通り5.7×28mm小口径高速弾を
使用するので、この弾を収めるために、グリップも縦長になってるんですけど。
なので、グリップし難い縦長グリップも5.7×28mm小口径高速弾を使用してる証・・・
これがファイブセブンなんだ!!・・・・・と思いながら撃つべし・・・と言うか、撃つしかない。

marushin-fn57co2-7.jpg


リアサイトは上下左右調節出来る、フルアジャスタブルタイプ。
フロント・リアサイト共にホワイトドットが入れられてるので
狙いやすいです。

marushin-fn57co2-7-5.jpg


アンダーマウントレイルにフラッシュライトを装着してみたら、ピッタリフット。
このフラッシュライトはレプリカなのですが、そのせいかレイルの溝にライトの
ロックが掛からない事が多かったのですが、このファイブセブンの場合
相性が良かったのかピッタリとロック出来て、気分が良い。
見た目も格段にカッコ良くなったでしょ?
んー特殊部隊ぽくていい感じかな。

marushin-fn57co2-8.jpg


ホップ調節は、なんとマルイと同じ様なチャンバー下に設置された
ダイヤル式に進化しています。
でもマルイ製と違って、フレームからスライドを外しただけでは、ダイヤルは
回し難いです。

marushin-fn57co2-9.jpg


かと言って、毎回スライドからチャンバーを外すまでして、調整するのは面倒。
正解は、スライドにはまってるチャンバーを少し前進させて、そのまま下に
ダイヤルが回せる位まで、ずらしてやるってのが簡単かな。
まあ、ホップ調整もそんなに頻繁にする物でもないですが。

marushin-fn57co2-9-5.jpg

そしてなんと、スライド内側にはスライドストップ・ノッチの削れ対策に
金属プレートが装備されています。
新型ホップといい、ノッチ・フレートといい、なんかマルシンさん・・・本気モードですな。

marushin-fn57co2-9-8.jpg


marushin-fn57co2-10.jpg

さて、ガス・カートリッジのマガジンへの装着ですが、これは実に簡単。
マガジン底のフタを開け、カートリッジをいれてフタを強く閉めれば完了。
フタを閉める専用レンチは、ロゴやマークが入った凝った物。
ここまで高級感出さなくても・・・・と思っちゃいますねー。

実射

スライドの操作は、少し軽め。
ブローバックに関しては、CO2仕様M1カービンの作動がすごく普通だったので
期待半分ってところでしたが、これは凄かった。
マルイ製のハードキックモデルのブローバックを「ビシッ!!」と表現するなら
このCO2ファイブセブンは「バシッ!!」という感じ。分かり難い?
ブローバックスピード、リコイルショックや発射音など迫力が凄い。
一般的なHFC134aガスとは、ガス圧の違いを見せ付ける感じ。
もう、銃が壊れないか心配になるレベルです。
これでスライドがヘビーウエイトだったら凄い事に・・・・・・壊れるかな?

後はランニングコストが心配になりますが、今回ガスカートリッジ1本で
100発程度撃てたので、定価で言えば1本126円なので1発撃つのに
1.26円ガス代がかかる事になります。

私の様なお座敷シューターが一回遊ぶにはカートリッジ1本使って
丁度いい感じかな。

集弾性も劇的に良くなってます。以前のファイブセブンだと
7mで的の一番外側の円に収まるのがやっと、というレベルでしたから
格段の違いです。

ホップアップの完成度、というか弾の安定した飛びに関しては
最近のKSCさんといい、なんかマルイさんに追い付け、追い越せ感がハンパない
ですなー。

という事で、ブローバックや実射性能で驚かされたファイブセブン。
こう言うとマルシンさんに失礼ですけど、今までのモデルからすれば
真面目に凄い物作りすぎ・・・・かな。

ちなみに初速は、84.63m/sで、まあ当然だけど普通なセッティング。

marushin-fn57co2-11.gif
距離7m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発





関連記事

マルシン US M1カービン PSD-CO2







楽天市場 マルシンCO関連商品はこちら



[PR]
by airgunnet | 2014-09-02 03:54 | マルシンCDX

マルシン U.S.M1カービン PSW CO2ガス仕様6mmBB

marushin-m1-cdx-1.jpg
ブローバックガスガン (CO2ガス仕様)

可変ホップアップシステム

全長   910mm

重量   2440g

装弾数  15発

価格   22,050円 (税込み)

marushin-m1-cdx-21.jpg

以前から気になっていた、マルシン製ブローバックガスガンのライフル関係。
特にM1ガーランドなんて撃ってみたくて・・・と長い間思っているうちに
M1カービンにCO2ガス仕様が出てしまった。
しかし、価格的なことで躊躇していると、今度は廉価版と言えるPSW仕様が
発売になりました。
PSW・・・・Plastic Stock Wooden look・・・まあ、木目調プラスチック製
ストックですな。
高級木製ストック仕様より18,800円も安い。つまりブローバックを楽しむための
機関部は同じで、安く購入出きるという事は、外観の見た目を少し我慢すれば
いいだけか・・・という事でやっとご対面となりました。

KSC製のブローバックガス・ハンドガンと同じぐらいの価格帯で
M1カービンのブローバックガスガンが買えてしまうなんて、嬉しいかぎり。
で、プラスチック製のストックですが、なるべくプラスチックぽく見せない
ためか、やたら木目を強調したデザイン。
それでも多少プラッぽいのですが、価格を考えれば我慢できるレベルです。

marushin-m1-cdx-31.jpg

アウターバレルは艶消しの金属製。銃身周りは質感は良いです。
んー、プラ製ストックの艶が悲しく光る・・・・・。
インナーバレルの先端は、かなり奥の方で止めてあるので
普通に銃口を見るとインナーバレルは見えないのでリアルと言えば
リアルか。
でも実射性能重視の方から見れば不満かな。

marushin-m1-cdx-4.jpg

ボルトの操作感は、スムーズ。重くもなく、軽くもなく・・・少し軽いか。
もう少し金属が擦れ合う感触があったら、リアルだったかなー。
あとボルトの先端のパーツが白色って・・・なんで白なの?

marushin-m1-cdx-5.jpg

専用のCO2(二酸化炭素)ガスボンベは、マガジン底部から装着します。
装着は簡単で、ボンベの先の尖った方からマガジンに入れて
ネジつきのフタをします。

marushin-m1-cdx-6.jpg

専用のレンチで、さらにフタを締めていきます。
すると途中でボンベに穴が開けられ、僅かにガスが漏れる音がしますが
怯まずに絞め続けます。
ガスの漏れる音が無くなり、締りが固くなったら完了です。
専用レンチが無い場合でも、フタに縦溝があるので
ドライバー等でフタを回すことが出きます。

marushin-m1-cdx-7.jpg

ちなみに使い終わったボンベの先端を見ると、きれいに穴が開いてます。
しかしボンベ使い捨てなんて、ちょっと贅沢・・・というかコストがねー。

今のところ、ボンベ1本の定価が、税込み105円です。

marushin-m1-cdx-8.jpg

最初に持ってみた時から、なにか銃内部でズリズリと動く感触が
あったので、通常分解してみると、円柱形の大きなウエイトが入ってました。
しかも固定されておらず。
中国製チープガンでも、一応ウエイトはスポンジ等で固定してますよ。

marushin-m1-cdx-8_5.jpg

マガジンのすぐ脇にマガジンリリースボタンがあります。
トリガーガード前方の根元にあるのが、セイフティ・レバー。
これを下方向に回すと、セイフティ・オンになりトリガーがロックされます。

marushin-m1-cdx-9.jpg

マガジンの装弾数は、6mmBB弾15発と、ちょっと少なめ。
実銃の装弾数に合わせた、と言うことでしょう。

marushin-m1-cdx-9_5.jpg

ホップアップ調節は、チャンバー部分に六角レンチを挿して回すのですが
レンチがネジに、ちゃんと刺さっているか分かり難いので
もう少し簡単に調節出来たらいいですねー。

marushin-m1-cdx-10.jpg

リアサイトはビープホール式のフルアジャスタブルタイプ。
上下の着弾修正は、ビープホール自体を前後にスライドさせて
行います。
近距離の場合は前方に、遠距離の場合は後方にスライドさせます。

marushin-m1-cdx-11.jpg

今回は、マルシン純正マウントベースを購入したので取り付けます。
このマウントベースはリアサイトと取り替えて装着するタイプなので
まず、精密ドライバーで、リアサイトを固定しているネジを外します。

marushin-m1-cdx-12.jpg

で、マウントベースを装着すると、こんな感じ。
マウントベースを固定しているのは、ネジ1本だけなので
あまり無茶は出きません。

marushin-m1-cdx-13.jpg
marushin-m1-cdx-14.jpg

で、スコープを装着すると、こんな感じに。

実射

マガジンの装着からボルトの操作、トリガープルまで、至ってスムーズ。
ただ、CO2ガスの高圧で危険・・・・というイメージを払拭するためなのか
ブローバックのリコイルショックとか、弾の飛び(初速)とかが
なんだか普通すぎて、拍子抜けする。
決して悪いわけではないが、高圧のCO2ガスでガンガン
ブローバックするのを想像していたので、期待しすぎた。
でも作動性は良く、CO2の利点で冷えに強く、連射しても
全く問題にしない。真冬はどうか分かりませんが、フロン・ガスに
くらべれば、そうとう長いシーズンで遊べるのは間違いありません。

しかし、将来的にフロンガスの替わりになるソースになるには
やはりコスト的に開きが大きすぎますね。
CO2ボンベ1本で撃てるのは、80発程度でしたから。
なので、今の所は、CO2ガス・ブローバックエアガンは贅沢タイプと
なりますね。今後どこまで安く撃てるようになるかが、課題です。
もしくは、贅沢タイプとして確立してしまうか・・・・それも、あり。

集弾性は、ホップが不安定なのか縦にブレが大きかったですね。
初速は室温32度、0.2gBB弾で平均 80.30m/sでした。

作動性は良いので、ちゃんとサバケーで使える、大戦マニア御用達。
というか、必需品でしょうM1カービンは!!
プラスチックストックだけど、お買い得でお勧めです。


marushin-m1-cdx-15.gif
12m  半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発 
[PR]
by airgunnet | 2013-08-30 08:54 | マルシンCDX