各メーカーの人気最新エアガンをレビューしていきます。


by airgunnet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
マルイ ガスブロ その他
マルイ ガスブロ ガバ系
マルイ ガンブロ グロック系
マルイ 電動ガン
マルイ 次世代電動ガン
マルイ 電動ハンドガン&SMG
マルイ 固定&リボルバーガス
マルイ LIGHT PRO
マルイ電動BOYs系
マルイ 10UP電動ブローバック
マルイ 10才以上用コッキング
KSC SIG系
KSC H&K系
KSC ガバ系
KSC その他
KSC 長物
マルゼン
マルシン
マルシン リボルバー
マルシンCDX
ウエスタンアームズ
タナカ
SⅡS
クラウン
KTW
セキトー
周辺機器
パーツ アクセサリー
やってみた特集
ランク ブローバックガスガン
ランキング 固定スラ&リボガス
ランキング コッキングエアガン
ランキング 電動ハンドガン&SMG
ランキング 電動ガン
ランキング 10upコッキング
ランキング 10UP長物電動
ランキング 装備品
ランキング 東京マルイ予約
用語集 あ
用語集 か
用語集 さ
用語集 た
用語集 な
用語集 は
用語集 ま
用語集 や
用語集 ら
用語集 わ
エアガン販売情報
マルイ コッキングエアガン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

KSC グロック17 スラ..
at 2017-04-10 01:18
Bolt MP5J BRSS..
at 2017-02-20 01:19
東京マルイ KSG ガスショ..
at 2016-10-16 09:01
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション

画像一覧

カテゴリ:SⅡS( 3 )

エスツーエス TSR-Desirous デザイラス 10才以上用エアガン

dc072301.jpg  

s2s-desirous-1.jpg

ボルトアクション エアライフル 10才以上用
       4倍スコープ付属

可変ホップアップシステム

全長   1,070mm

重量   1,890g

装弾数  29発

価格   14,490円 (税込み)

s2s-desirous-2.jpg


豪華装備低価格のボルトアクション・エアライフルTSR-Zeroに10才以上用が
登場しました。その名もデザイラス。辞書で調べたら「望む」とでました。
よく分かりませんが、確かに望まれていた物かもしれません。

意外と10才以上用ボルトアクション・スナイパーライフルって無いんですよねー。
すぐ思い付くのは、クラウンのスーパーライフルぐらい。
まっまあ、そう言う意味では出生地がたぶん同じなので、今回はスーパーライフルの
いとこを紹介る感じになります。(出生地云々はTSR-Zeroのレビューで。)

価格もデザイラスとスーパーライフルは同一。
しかし、その仕様は多少異なっていて、スーパーライフルはカート式とカートレスの
両方が楽しめます。外で遊ぶ時は装弾数の多いカートレス仕様にして
家ではカート式に変更して、排莢アクションを楽しむ・・・・なんて使い方ができます。

デザイラスはカート式には出来ませんが、その代わりスーパーライフルに比べて
使い勝手の良い装備満載・・・・と言ったところです。

ネットカタログを見てみると、「本体ギミックはTSR-Zeroと同一。省略なしの
ハイグレード・ボーイズライフル」と謳っているので、バイポットが付属しない
TSR-Zeroのデチューン版と思ってました。

s2s-desirous-3.jpg

確かに写真下側のTSR-Zeroと比べてみると、ストックの艶が僅かに違う位で本体は
ほぼ同じ物。しかーし、スコープが全然違うんです。TSR-Zeroのスコープ外観は
全て金属製ですが、デザイラスは中央の狙点修正ダイヤル部分と
その後部の胴体、筒の部分のみ金属製で それ以外はプラスチック製です。
マウントリングは、当然金属製ですが。

s2s-desirous-4.jpg


TSR-Zeroのスコープと比べて接眼部のレンズ径は同じですが、先端部の
対物レンズ径は小さく、スコープの全長も短いです。
そのせいかTSR-Zero用の方が少し明るく、見え方もはっきり大きく鮮明に見えますね。

あとデザイラス用スコープを覗くと、中央部分はまずまずですが
外側周辺部分がわずかに不鮮明な感じがします。

TSR-Zero用のレティクルは、シンプルな十字タイプでしたが、デザイラス用は
中国製によくあるタイプのデザイン。
ですが簡略化されてますね。

よくネットオークション等で見かける、中国製激安スコープの
更なるコストダウン版・・・・と言ったところでしょうか・・・・・。

s2s-desirous-5.jpg

スコープは酷評してしまいましたが、銃本体は高剛性アルミ合金製アウターバレル
20mmスコープ・マウントベースとアンダーマウントレイル。
14mm逆ネジ・サイレンサー・アタッチメント装備とTSR-Zeroと同等で豪華。

ボルト・ストロークもTSR-Zeroと同じ長さ。
なのでコッキングは非常に軽くて、ほんとにスプリングが入ってるの?って位い。
ボルト操作時の質感も悪くなな、すべる様に滑らか・・・・とは言いませんが
変な癖もなく操作性は良いです。

s2s-desirous-55.jpg

銃をひっくり返すと、立派な20mm金属製アンダーマウントレイルがあります。
汎用性の高い20mm巾なので、色んなアイテムが装着できます。
そのマウントレイル先端部分には、スリングスイベルも装備されています。
ただ、マウントレイルに何か装着した時はスリングと干渉してしまう気が・・・・・。

s2s-desirous-6.jpg

で、早速TSR-Zeroに付属してるバイポットを借りて装着してみました。
レイルが長いので、自分の好みな位置に装着できるのが良いですね。
やはりスナイパー・ライフルには、バイポットは必須でしょうか。
ただ銃を持って撃つ時は、フロントヘビーでバランスがやや悪くなりますが。

s2s-desirous-7.jpg


14mm逆ネジタイプのアタッチメント装備という事で、マルイ製サイレンサーも
取り付けてみました。
先端のカバーを取り外せば、ネジが出現します。
なかなかプロっぽくて貫禄もましました。

しかしサイズの長いサイレンサーを取り付けると、銃の全長がえらく
長くなって、取り回しが悪くなるので注意。

s2s-desirous-8.jpg


マガジンの装弾数は29発と多め。BB弾の装てんは手を使うだけでも出来ますが
ちょこっとコツがいるので、付属のBBローダーで装てんするのが便利。

このBBローダー、色んなマガジンに使えて便利なのですが
マルイBBローダーにクリソツ。と言うか瓜二つレベル。
こんな事で良いのか?!!メイドイン・タイワン。
まさかライセンス生産?

s2s-desirous-9.jpg

おっと、感情的になってしまった。
機を取り直して・・・・・、マガジンの装着は、まず前方側をはめ込んでから
後部側をはめます。
TSR-Zeroの時はスムーズに装着出来たのですが、今回は多少ぎこちない感じでした。
まだ新しいせいか、個体差なのか・・・・・・・。

s2s-desirous-10.jpg

ボルトを引くとエジェクション・ポートがパックリ開いて、ギミック的には
とてもリアルで良いのですが、TSR-Zeroと同様に実用的にはあまり意味はなく
ホコリ等が入るだけ悪影響。

矢印部分はホップアップ調整ダイヤル。大きくて回し易く実用的。

実射


迫力満点のフルサイズ・ボディーなので、子供には取り回しが
大変そうですが、考えてみれば私の甥っ子たちもブンブン振り回しながら
スナイパー・ライフルを楽しんでるので、リアルな大きさが良いのでしょう。
私が考えてるほど、苦にはならない様です。

実射に関してはボルト操作とトリガーフィーリングは良いですが、
やはりスコープとマガジンがちょっと。

まあ、スコープはコストダウンのため・・・と思えば我慢しますが
マガジンがスムーズに装着出来ないのは、テンション下がります。
TSR-Zeroは問題ないので、やっぱりこの個体が具合悪いだけかなー?

距離7mでの集弾性能は、10才以上用長物クラスの平均的レベルですね。
個体差はありますが、マルイの10才以上用電動ガンBOYs等でも
これ位です。

ただ、パワーはちょっと控えめで0.12gBB弾で、初速平均36.58m/sの0.08ジュール。
なので飛距離もやや短め。

ホップは欲張って強く掛けると、後半ビューンと弾道が曲がっちゃいますが
適正かやや弱めのホップだと、素直に真っ直ぐ飛ぶので
4倍スコープの視界から弾が外れる事は、ありません。

んー、このクラスは選択肢が少ないですが、クラウンのスコープ付き
スーパーライフルと同価格なので、仕様を見比べて選ぶしかないですな。

個体差が無いとして見れば、スーパーライフルの方がパワーがあって
カート式とカートレス式に変更が出来る。けどカートレス時の外付けマガジンは
あまりカッコ良くは無いですね。

TSR-Desirousは操作性の良いホップダイヤルやアンダーマウントレイルや
サイレンサー・アタッチメントとか装備が充実。

遊び方で、選んでください。

s2s-desirous-11.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾10発










[PR]
by airgunnet | 2013-07-23 09:02 | SⅡS

s2s エスツーエス タクィカル エリート 固定スライドガスガン

dc073001.jpg

dc073002.jpg

固定スライド・ガスガン

可変ホップアップシステム

全長   220mm

重量   710g

装弾数  23発

価格   5,040円 (税込み)

dc073003.jpg

以前から気になっていたs2sの固定スライドガスガンだけど、正直他のブローバックガスガンに目がいっちゃって
なかなかレポート出来なかったのですが、マルイ製固定スライドガスガンのリニューアルに興味が湧き
まあ、その勢いの流れでレポートしちゃいます。

今回のタクティカルエリートは、M9ミリタリー・USPに続く固定スライドガスガンシリーズ第3弾で
14mm逆ネジのサイレンサー・アタッチメントと粘着ソフトターゲット(今回レポート出来ず)が付属して
税込み5,040円と言う価格破壊的値段なんですねー。恐るべしメイドイン台湾。

このタクティカルエリートは、実銃のM92 エリート 1Aをモデルアップした物ですが、大人の事情で
タクティカルエリートと言う名前に。スライド側面の刻印(というか印刷)もそれらしい感じが出てます。
その他ブリガディア・スライドとか、アンダーマウントレイル、グリップパネルのデザインや
グリップ背面のストレート化等以外にしっかり再現されています。

全体的な質感も、価格のわりには、ちゃんと加工されているという印象で、悪くありません。
勿論アウターバレルやセイフティレバー、スライドストップレバーやテイクダウンレバー等
スライドやフレームと一体成型の作りで安っぽく感じる部分もあります。

dc073004.jpg  

コスト的にはガマンの印刷文字。剥がれた時が悲しいかも。その反面表面は細かくザラッとした質感で
価格からすれば、満足出来る仕上がり。
実銃で言うテイクダウンレバーのロック解除ボタン(矢印)は、スライド式のマニアルセイフティになっています。
しかし、どっちでONかOFFか分からなくなってしまうのが、難点。
トリガーガードに見える+ネジは、まあご愛嬌という事で・・・・・。

dc071006.jpg

フレームのパーティングラインは手付かず・・・・んー当然と言えば当然か?
アンダーマウントレイルは、そこそこ強度もありそうなので、普通にフラッシュライトとか付けられそう。

dc071007.jpg

私はレプリカのライトしか所有していないので、少し不安でしたが、これはピッタリ装着できました。
ただしレプリカライトの中には、微妙にサイズが違う物もあり、エアガン本体の設計の誤差も合わさり
きっちり装着出来ない物があるのも事実。
しかもピカティニー規格を謳ってないのだから、装着出来なくても文句言えません。

dc071008.jpg

トリガーとハンマーは金属製です。
ハンマーの内側が刳り貫かれたスケルトンハンマーだったら最高だったのにー。
まあ、贅沢か・・・・・。

dc071009.jpg

マルイ製スタンダードタイプの固定スライドガスガンより豪勢なのがこのフルサイズで
ガス注入タイプのマガジン。
マルイのスタンダードタイプは、グリップ下部からガスを注入し、マガジンはお世辞にも
リアルとは言えない物なので、これはかなりのアドバンテージです。
だけどなぜか、カタログの装弾数23発に対し、実際26~27発装てん出来てしまうのはなぜ??
快調作動保障する数値とか? ん~なぞです・・・・・・。

dc071010.jpg

ホップアップ(s2sでの呼び名はスピンドライブシステム)の調節はスライド上部に六角レンチを挿して
行います。このタイプって微調整が難しく感じるのは、先入観もちすぎなためでしょうか?
でも今回は比較的神経質ではなかった様です。コントロールはらくでした。

dc071011.jpg

サイレンサー装着用のアタッチメントが最初から付属しているのは嬉しいかぎりですが
通常はマズルのネジが目立っちゃってリアリティ台無し~なのがちょっと。
アタッチメント付けっぱなしの方が、まだましか・・・・。

dc071003.jpg 

sⅡsでも別売でサイレンサー有りますが、わざわざ購入するのもなんなんで
14mm逆ネジという事で、マルイのショートサイレンサーを装着してみました。
ちと太いですが、まあまあ似合ってるのではないかな。
あと、重くて長いサイレンサーとかを装着して振り回した時の
取り付けネジ周りの強度が心配か?

実射


銃表面の質感も重量感も悪くないですね。
国産ブローバックモデルのレベルで見れば
まあ、突っ込みたくなる箇所もありますが、なんてったって
価格5,040円の固定スライドガスガンですからねー。

銃口と印刷タイプの刻印を凝視しない様にすれば、価格から考えれば
十分満足出来る物でコストを抑えながらも、あまり貧相に見えない様に
上手に作ってあると思います。

ブローバックガスガンと同じ様にマガジンにガスを注入しBB弾を装てん。
マガジンの銃への挿し込み感が妙に軽いのは、まあ気にしないで、
後はトリガーを引くだけ。

しかし、このトリガープルが軽くてフラットでスムーズ。
素晴らしい、特筆に値する。
まあ実銃がダブルアクションが出来るタイプで、トリガーストロークが
十分あると言う事もありますが好いですねー。私好みです。
シングルアクションでも撃てますが、こちらもダブルアクションと同様に
スムーズで問題なし。

初速は、寒い時期の計測ほど当てにならない物はないのですが、
エアコンで室内を25℃程度に暖めて
から測ってみると、58.6~64.4m/sでした。
マルイ固定スライドと同程度ですかね。
夏場なら70の中頃位になるでしょうか。

ちと難しかったのがホップアップ調整で、ホップが掛かってない
状態からレンチを回して少しずつ掛けていったのですが、
ある地点で急にビューンとホップが掛かります。
冬場でガス圧が不安定、ホップパッキンも寒さで硬め
なのかもしれませんが丁度いい掛かり具合っていうのが
難しいですねー。
適正ホップだとビュンビュン良く飛びます。
元気よく飛んでいく反面安定感は少しないかなぁ。
マルイ製ほど、ビシーっとフラットに・・・・・とはいかない。

集弾性も、マルイ製固定スライドに比べれば落ちますが、
気軽に買えて楽しめるガスガンという
スタンスを考えれば、これ位だろうな・・・・と妙に納得してしまう。
まあ、安物の粗悪品だと7mでA4コピー用紙に
まともに当てられない物もある中、安いけどちゃんと
飛ぶ銃とも言えますかな。

何度も言いますが、この値段でこれだけ遊べたら大満足です。
ただ・・・・サイレンサー付けて元気良く遊ぶと、
バレルがもげそう。まあお座敷シューターには関係ないか・・・・・。
あと、トリガーガードの2つのネジはなんとかしてほしかった。
あれだけで途端に安っぽく見えます。安いけど・・・。   
 
s2s-tacticalelite-fixed-11.gif 
7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾10発 シングルアクション



固定スライドガスガン ベレッタ M92 タクティカルエリート エスツーエス固定スライドガスガン ベレッタ M92 タクティカルエリート エスツーエス3,528円


固定スライド低価格ガスガン第3弾!【S2S】固定スライド・ガスガン ベレッタ タクティカルエリート3,790円


[PR]
by airgunnet | 2013-07-10 01:16 | SⅡS

エスツーエス TSR-Zero ボルトアクション・エアライフル

dc031194.jpg

s2s-tsr-zero-1.jpg

コッキング エアガン

可変ホップアップシステム

全長   1070mm

重量   2160g

装弾数  29発

価格   20,790円 (税込み)

s2s-tsr-zero-2.jpg

んー凄すぎる。安すぎるー。
18才以上用コッキングエアライフルが、スコープとバイポット付きで
定価20,790円 ? マルイ製VSR-10の本体価格と同じだなんて・・・・
バイポットだって、買えばけっこうな値段しまっせ。
まあ逆にいえば、この値段だとどれだけチープな感じになってしまうのか
はたまた、ならないのか興味が湧くのも事実なんですが。

で、早速ご対面・・・・て、あれ?このストックの後端のラバー製のパット・・・どこかで
見た様なデザイン。こっこれはクラウンのスーパーライフルと同じ模様では
ないですか!!
銃全体をなめる様に見ていくと、スーパーライフルでは外付けマガジンからBB弾を
供給するため、チャンバー付近に穴があるのですが
このTSRには、それとそっくりな形の穴を塞いだ痕がありました。
間違いありません。スーパーライフルとは兄弟みたいです。台湾出身の。

ただし全て同じではなく、そっくりな部分もあれば、外観や仕様が違うところもあります。

その1つがストックの質感で、スーパーライフルは表面はフラットでしたが
こちらは、全体的にブツブツと、洋風な家の外壁の様なデザイン。
まあ滑り止め効果はありそうですが・・・・。

s2s-tsr-zero-3.jpg

スコープ、パイボット共銃への取り付けはマウントレイルで
バイポットの方はプラス・ドライバーで締め付けて固定します。
スコープは指で回せるタイプのネジなので、工具が無くても取り外しが
出来て便利です。

バイポットは金属製でしっかりした作りですし、フレームはプラですが
バレルはアルミ合金製で質感も上々です。



s2s-tsr-zero-4.jpg

スコープはエアガンには丁度良いと思われる、倍率4倍の物。
質感は良いですが、付いている物と言えば狙点修正用ダイヤルのみ。
まっまあ・・・・贅沢は言いませんよ。

スコープはマウントリングを介してマウントレイルに2箇所ガッチリ固定出来てます。
いやー私事ですが、海外製スコープを買った時に、
スコープに取り付ける部分は2箇所で、マウントレイルに取り付ける部分は
1箇所の、V字型というかY字型のマウントリングが付属していたのですが
これが、使ってみるとマウントレイルに取り付ける部分が、いくら絞めても
グラグラで確実に固定出来ないで、使い物にならないってことが2回続きました。
その時はオーソドックスな2か所固定の物が良いなーと、つくづく思いましたねー。

s2s-tsr-zero-5.jpg

狙点修正ダイヤルですが、キャップを外しマイナス・ドライバー等で
カチカチと回すタイプ。
一般的に言えば、一番めんどくさいタイプ。いえいえ文句ではありません。
よく海外製激安スコープにありがちなタイプ・・・いえいえ馬鹿になんかしてません。
コストを考えれば、当然の仕様です。

s2s-tsr-zero-6.jpg

スコープを覗くと、こんな感じ。
レティクルもシンプルなタイプですが、中心部分は細くなってます。
レティクルは少し太い感じですが、実用的にはこのほうが見易いかも。
レンズ自体も実用的には、問題ないと思います。

s2s-tsr-zero-7.jpg

バイポットには、なんと両側に短めですがマウントレイルまで付いてます。

s2s-tsr-zero-8.jpg

バイポットの足の長さは、5段階に調節出来ます。
上側が、足を一杯に伸ばした状態。
下は最短状態ではなく、矢印の部分にバネが付いていて、もう一段ぐっと
力を入れて縮めておくと、次に使用する時にリリースボタンを押すと
足がビョーンと飛び出ます。

飛び出るのが嫌な方は、写真の状態で止めておけば飛び出ません。

s2s-tsr-zero-9.jpg


スーパーライフルと同じ仕様のマニアルセイフティ。
後方に傾けてセイフティ・オン。トリガーがロックされます。

s2s-tsr-zero-10.jpg

バレル先端のマズルを外すと、14mm逆ネジが出てきます。
逆ネジとは、普通ネジは時計回りに回すと締まりますが、それが逆になっている物。
14mm逆ネジと言えばマルイ製サイレンサーです。
早速マルイのショートタイプのサイレンサーを取り付けてみました。
んー、プロっぽくて良いですねー。

s2s-tsr-zero-11.jpg

上のマルイ・VSR-10の物と良く似た、TSRのマガジン。装弾数はVSRより1発少ない
29発。BB弾装てん時は矢印のレバーを押して、ロックを解除しながら
付属のBBローダー等を使って一気に押し込みます。
時間はかかりますが、指で1発づつ装てんしてもかまいません。

s2s-tsr-zero-12.jpg

ボルトのコッキングストロークは、上のVSR-10より2cmほど短い約7.5cm。
しかしVSR-10よりコッキングが重いとは、感じませんねー。
感じるのは、その質感。
ボルトを引いた時の剛性感や滑らかでスムーズな操作感は、VSR-10のほうが
格段に勝っています。
この辺は価格の違いを感じる所ですねー。

あと写真で見比べてもらうと分かりますが、銃を握る部分からトリガーまでの距離が
VSR-10にくらべて長いです。なので私の様な指の短めの人は
トリガーが遠くて引き難く感じると思います。
また、握る部分自体の角度とか握り易さだとか、VSR-10のクオリティの
高さを感じます。

s2s-tsr-zero-13.jpg

エジェクションポートはVSR-10と違い、ボルトを引くとポートが開いてリアルです。
スーパーライフルでカートリッジ仕様にすると、ここから薬莢が排出されるのですが
TSRの場合は、その名残・・・・・、まあ開くというだけです。

円の部分はホップアップの調節ダイヤルです。
丸見えですが、大きくて使い易いです。

s2s-tsr-zero-14.jpg


ボルトはメンテナンス時等に簡単に取り外せて便利です。
トリガーガードのロックを解除して、トリガーガード後部を引き下げるだけで
ボルトがスルスルと引き抜けます。


実射

コッキングレバーを引いて戻す時に、ボルトハンドルが最上部の位置にあると
ボルトが戻り難い時もありますが、慣れればスムーズな操作ができます。
バイポットが付いていると、バランス的にはフロントヘビーなんですが
安定感はあり。

トリガーフィーリングや発射音は、普通ですね。気になりません。
「バシャン」と少し高音が混ざった発射音が気になる方は、サイレンサーを
取り付ければ、少しこもった音になるので良いかもしれません。

撃ってみると、適正ホップが見つけ難かったのですが
遠射では後半右にそれて行く感じです。ホップ調整が悪いのかな?

初速は0.2gBB弾で78m/s位ですが、ホップを強くすると75m/s位になりますね。
集弾性は、さすがにVSR-10には負けますが、価格差から見れば
そんなに悪くないね、という感じ。
ただ比較的少し縦長にばらけてるので、やはりホップが不安定なのかなー。
元々そうなのか、私の調整が悪いのか分かりませんが、これが直ったら
もっと優秀な集弾性が期待できるのにと思いました。

まあ、安くお手軽に、手っ取り早くスナイパー気分を味わいたい方にはお勧め。
とにかく安くスナイパーライフルのフルセットが欲しい、という方は
これしかないでしょう。
まあ、使い勝手やクオリティもそれなりですが。

入門用というか、コッキングエアライフルってこんな感じ・・・とか
スコープを覗くとこんな風に見えるんだ・・・とか
バイポットを使った楽しみ方だとか・・・・、価格的なハードルが
低くなって体験し易くなったのではないでしょうか。


s2s-tsr-zero-15.gif
12m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発






[PR]
by airgunnet | 2013-07-09 17:31 | SⅡS