各メーカーの人気最新エアガンをレビューしていきます。


by airgunnet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
マルイ ガスブロ その他
マルイ ガスブロ ガバ系
マルイ ガンブロ グロック系
マルイ 電動ガン
マルイ 次世代電動ガン
マルイ 電動ハンドガン&SMG
マルイ 固定&リボルバーガス
マルイ LIGHT PRO
マルイ電動BOYs系
マルイ 10UP電動ブローバック
マルイ 10才以上用コッキング
KSC SIG系
KSC H&K系
KSC ガバ系
KSC その他
KSC 長物
マルゼン
マルシン
マルシン リボルバー
マルシンCDX
ウエスタンアームズ
タナカ
SⅡS
クラウン
KTW
セキトー
周辺機器
パーツ アクセサリー
やってみた特集
ランク ブローバックガスガン
ランキング 固定スラ&リボガス
ランキング コッキングエアガン
ランキング 電動ハンドガン&SMG
ランキング 電動ガン
ランキング 10upコッキング
ランキング 10UP長物電動
ランキング 装備品
ランキング 東京マルイ予約
用語集 あ
用語集 か
用語集 さ
用語集 た
用語集 な
用語集 は
用語集 ま
用語集 や
用語集 ら
用語集 わ
エアガン販売情報
マルイ コッキングエアガン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

KSC グロック17 スラ..
at 2017-04-10 01:18
Bolt MP5J BRSS..
at 2017-02-20 01:19
東京マルイ KSG ガスショ..
at 2016-10-16 09:01
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション

画像一覧

カテゴリ:未分類( 3 )

東京マルイ H&K USPコンパクト

marui-usp-c-16.jpg

marui-usp-c-1_20150831112216803.jpg

ブローバックガスガン

全長   173mm

重量   685g

装弾数  23発

価格   16,800円 (税別) 

marui-usp-c-2_2015083111221888b.jpg

あ~、USPコンパクトですか・・・・、というのが正直な最初の感想。
そりゃあ、KSCさんが散々ブローバックガスガンUSPのバリエーション展開
されてきて、現在は沈静化ぎみ。
マルイさん自身もコッキングエアガンと電動ハンドガンでUSPフルサイズの
モデルアップ済みで、そろそろH&Kも世代交代ですよね~と思ってた矢先の
登場だけに、今更感が漂ってるのは私だけではないはず。
でもマルイさんがUSPコンパクトを登場させたのなら
今でも根強い人気があるって事でしょうか?
まあ、ブームになった海外ドラマ「24(TWENTY FOUR)」の主人公
ジャック・バウアーの愛銃ともなれば、まだまだ人気も
衰えないんですかね。
マルイ製USPコンパクトのパッケージも24(TWENTY FOUR)を意識した
イラストになってますし。

と、最初からグダグダと書いてきた私も、実はUSPコンパクトは好きな銃の部類に
入ります。
もともとコンパクトな銃が好きというのもありますが
USPフルサイズはシンプルな形状のグリップのお陰もあって、日本人には
オーバーサイズな印象が強いのですが、USPコンパクトはこれでもか!!
という位サイズを縮めてるので、マガジンのフィンガーレストのお世話になるくらいに
グリップは私の手にジャストフィット。
手の大きな方だと窮屈なくらいです。
全体的にも塊感があって「カッコイイ」と思います。

marui-usp-c-3_20150831112219154.jpg

サイズ的には・・・・写真右はグロック23にグロック19のマガジンを
挿した物(要はグロック19サイズ)。
グリップの感じとしては、これぐらいか。でもスライドの厚みというかボリュームが
全然ちがっていて、シンプルでスリムなグロックのスライドに対して、USPコンパクトの
物は大きくて厚みもあり、頭でっかちな印象。
でもその中に直径15mmシリンダーのブローバックエンジンが納まっていると
思うと、心もおどるってもんです。

marui-usp-c-4_20150831112220ffe.jpg


marui-usp-c-5_2015083111222126e.jpg

たまたま家にシステム7以前のKSC製USPコンパクトがあったので
比べてみました。
スライド&フレームの刻印は、さすがにKSC製(写真左側)にはかないません。
KSC製の繊細で拘りの刻印類はコレクター好みの仕上がりといえます。
マルイ製は他のモデルも同等ですが刻印が太くて
「プラスチックに文字入れてる感」が強いです。
システム的にも「リアルライブオペレーション」や「ロックアウトデバイス」等を搭載して
かなりハイエンドユーザーを意識したKSC製に対して
マルイ製は今までどおり、「撃ってなんぼ」をお手ごろ価格で・・・・なスタイルですな。

marui-usp-c-6.jpg


そんなUSPの最大の弱点は、アンダーマウントレイル。
USPが登場した時には「アンダーマウントレイルが標準装備で画期的」
だったのですが、独自規格だったので今となっては不便なだけ。
なのでマルイ製USPは汎用性の高い幅20mmピカティニー規格の
レイルに出来るアダプターが付属しています。
2つに分かれたパーツをフレームの元々のレイルに挟み込んで装着
六角ネジで固定します。

marui-usp-c-7.jpg


でフラッシュライトを装着してみると・・・あ~やっぱりコンパクトな銃だけに
フラッシュライトも選ぶか・・・・・・。

marui-usp-c-8.jpg


実銃の世界でも珍しい、セイフティとデコッキング機能が一体になってる
コントロールレバーはリアルに再現。操作もし易いです。
写真はレバーを押し下げて、ハンマーを落とした(デコック)した所。
ハンマーはホルスター等から銃を抜く時に、衣服に引っかからない様に
出っ張りを無くしたデホーンドタイプのボブドハンマー仕様。

marui-usp-c-9.jpg


トリガーガードの根元に付いているのは、アンビタイプのマガジンキャッチレバー。
少し小振りだけど、使い難さは感じませんでした。
慣れればボタン式より素早く操作出来そう。

marui-usp-c-10.jpg


マガジンバンパーはフィンガーレスト無しのタイプも付属しているので
好みで交換が可能です。
ただマガジンバンバーをロックしているストッパーが、かなり硬く
無理やり引っ張ると壊れそうだったので
今回は交換を断念。なんじゃこりゃ。

marui-usp-c-11.jpg


ホップアップ調節はスライドオープンすると、チャンバーの左側にある
ダイヤルレバーがあるので、上下に回して行います。
下に回して「ホップ強」、上に回して「ホップ弱」になります。

marui-usp-c-12.jpg


「指が太くてダイヤル回すなんて無理!!」という方は、通常分解すれば
ダイヤルが露出しますので、楽々回せます。まあちょっと面倒ですが。

marui-usp-c-13.jpg


スライドストップ・ノッチの削れ・変形対策については、国産トップクラスのマルイさん。
今回も抜かりはありません。
この金属パーツが、スライドのホールドオープン時にスライドをがっちり引っ掛けて
ノッチを守ります。

marui-usp-c-14.jpg


なのでスライドストップレバーとノッチは、全く接触しないので削れません。
って言うか、ホールドオープン時にこんなに隙間すらあります。
まあ、見た目にリアルじゃあないって言えばそうですが。

実射

作動音は別としてスムーズな操作感は流石マルイさん。
コンパクトだけどスライドが大きいせいか扱い易いくて、各操作系も
窮屈な感じはありませんね。
直径15mmの大口径シリンダーのおかげで「ドン!!」と重くて、かつ鋭い
リコイルショックが印象的。
コンパクトブローバックガスガンだけど撃ち応も楽しめるセットティングです。
気温も高いし、連射しても快調作動で弾もビュンビュンフラットに飛んで行きます。
弾の初速は、マルイ製コンパクト・ブローバックガスガンの通例で少し低め。
計測してみると 63.52~66.92m/sでした。

シンプルで軽快なグロックも良いけど、塊感が強くて重厚なUSPコンパクトも
良いですな~。
まあバウワー信者の方は必須でしよう。あとホルスターも。
携帯の着信音も「あの音」にしなくてはいけません。
いやいや、「24(TWENTY FOUR)」なんか見てねえよ!!という方にも
コンパクト好きなら是非一丁。ガバメント系やグロック系では味わえない
個性のある銃です。(その代わり好き嫌いは、はっきり分かれそう)

marui-usp-c-15.gif


7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾10発




楽天市場ならここが安いですね。






[PR]
by airgunnet | 2015-08-31 13:43

東京マルイ Px4

 

 

px4-0.JPG

px4-1.JPG

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

 全長   192mm

重量   833g

装弾数  25発

価格   17,640円 (税込み)

px4-2.JPG

世界的に流行ってきた、ポリマーフレームオートの開発に出遅れてしまったベレッタが
デザイナーのジウジアーロを起用して完成させた、初のポリマーフレームオート9000Sは
イマイチの評判でした。
そして、またまたジウジアーロデザインながら、起死回生を狙って登場したのが
Px4 storm です。
9000Sが同社のM92等とおなじ、バレルの露出しているオープントップスライドデザイン
なのに対し、Px4はデザイン的にも機構的にもM8000クーガーの後継機種と言える物に
なりました。

px4-3.JPG

と言っても、似ているのはパッと見だけで、各部分はかなり変わっています。
写真下は、ウエスタンアームズ製のM8045クーガーですが、比べてみるとPx4の方は
フレームにアンダーマウントレイルが装備され、グリップは薄く、まるみを帯びた
デザインに。
スライド上面はクーガーが丸い曲面なのに対し、Px4は平面になっています。

スライド後部のセイフティレバー形状も、かなり斬新な形に。
実際銃を握っている親指で試してみると、レバーを下げて
セイフティ・オンにするのは、クーガーより格段に使い易い。
デコッキングもスムーズに作動しますし。
逆にレバーを上げてセイフティ解除は、少しやり難く感じました。
不慣れなのと、親指との距離感のせいでしょうか?

px4-4.JPG

クーガーのトリガーガード前部は、銃を両手で構えた時に、添えた手の指が
引っ掛けやすいようなデザインになっていて、セレイション(滑り止め溝)も
入っていますが、Px4では普通にラウンドした形状になっています。

px4-5.JPG

ショートリコイルは、クーガーの特徴でもありますロテイティング・バレルロックシステムを
継承しています。
これは弾を発射後に、スライドとバレルが一緒に後退している間バレルが回転し
回転しきった所でロックが解除され、スライドのみが後退するショートリコイルです。
エジェクションポートから、独特のバレル形状が見えますね。

px4-6.JPG

Px4の便利な機能として、バックストラップ(グリップの背面)が交換可能になっています。
グリップ底部のボタンを押しながら、バックストラップを後に引っ張り外します。

px4-7.JPG

マルイPx4には、銃に装着されているMサイズ(写真中央)の他に、Sサイズ(写真左)と
Lサイズ(写真右)のバックストラップが付属しています。
いやー、これは嬉しいですねー。
いくらバックストラップが交換可能といっても、別売だったら買うのも億劫になります。
これは大拍手ですな。

最初から装着してあるMサイズのバックストラップでも、同じベレッタの
M92やクーガーに比べると格段にグリップ感が良い。
指の短い私でも、結構しっくりきます。で、Sサイズに変えてみると、コンパクトタイプの
銃を持つ様な感触で、さらに銃と手の密着感が増す感じです。
Lタイプは、Mタイプと同じ様な太さのままですが、グリップ背面の殆どをカバーする
ロングタイプですね。確かに太くなりますが、Mタイプから極端に太くならないのが
好いですねー。

px4-9.JPG

フロント・リアサイトは、少しコンパクトですかな。
スライド上面は平面で両端が少しカットされてますが、リアサイトの部分は
絞り込まれて、ほぼ曲面になっています。
このラウンドした形状で、リアサイトだけ上に飛び出てる様な感覚で見えるので
サイティングがやり易く感じますねー。

px4-10.JPG

リアルな形状のダイカストマガジンの装弾数は、26発。

px4-11.JPG

マルイPx4は、ベレッタと契約していないので刻印類やマークは、マルイ独自のものに
なります。まあマルイさんも、目の肥えたコレクターを泣くほど喜ばせるためには
作ってないと思うので、これで好いかも。
安くて、雰囲気も楽しめて、実射性能は抜群に良いと言う「マルイスタイル」は
今後も続くんでしょなー。

px4-12.JPG

通常分解は、マガジンを抜いてから、トリガーガードの付け根辺りにある
スライドロックを両側から下げれば、スライドがスルスル前方に抜けます。
後は、リコイルスプリングアッセンブリー、バレルアッセンブリーの順で
スラテドから外せば完了。
今までのマルイ製ガスガンと違い、チャンバー横にホップアップ調整ダイヤルが
あります。

px4-13.JPG

そうなんです。今回のPx4はスライドを外さなくてもホップ調節が出来るんです。
もちろん工具無しで。
スライドオープンの状態で、チャンバー横のダイヤルを回します。
ダイヤルを下げるとホップが強くなり、上げると弱くなります。
まあ、ダイヤルは奥にあるので少し回しにくいですが、これは便利です。
その代わり、スライドオープン状態だと、ダイヤルが目立っちゃいますけど・・・・。

実射

マルイPx4を構えてみると、けっこうな重量感です。数値的には、833gで
弾未装てんの実銃(785g)より重いです。
重量バランスも良く、握り易いグリップと相まって、手に持って眺めてるだけでも
嬉しくなりますねー。
スライド部分は、つや消し塗装なんですが、多面的なスライドと妙にマッチして
マルイ製としては満足度ちょっと高いですね、今回は。
相変わらず、スリキズは目立ちやすいですけどね。
ブローバックに関しては、ガスガンにとって最悪な季節なので、なんともコメント
し難いですが、頑張って動いている方だと思います。
ブローバックエンジンには15mm大口径のピストンカップが使われているので
マガジンをちゃんと暖めてから撃つと、バシッっと撃ち応えのある
リコイルショックを味わえます。
集弾性は、マルイ製らしく素晴らしい。もう良くて当たり前になってますな。
新品箱出し状態から安定していて、慣らし撃ちなんて必要なさそう。

いやー暖かい季節が待ち遠しいですなー。ガンガン撃ちまくりたいです。

px4-14.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発

 


楽天市場----東京マルイ Px4
ヤフーショッピング----東京マルイ Px4

[PR]
by airgunnet | 2013-07-05 10:36

テスト

...............
800px-M-32_Grenade_Launcher.jpg

ここはテストページです。
[PR]
by airgunnet | 2013-06-01 00:06