各メーカーの人気最新エアガンをレビューしていきます。


by airgunnet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
マルイ ガスブロ その他
マルイ ガスブロ ガバ系
マルイ ガンブロ グロック系
マルイ 電動ガン
マルイ 次世代電動ガン
マルイ 電動ハンドガン&SMG
マルイ 固定&リボルバーガス
マルイ LIGHT PRO
マルイ電動BOYs系
マルイ 10UP電動ブローバック
マルイ 10才以上用コッキング
KSC SIG系
KSC H&K系
KSC ガバ系
KSC その他
KSC 長物
マルゼン
マルシン
マルシン リボルバー
マルシンCDX
ウエスタンアームズ
タナカ
SⅡS
クラウン
KTW
セキトー
周辺機器
パーツ アクセサリー
やってみた特集
ランク ブローバックガスガン
ランキング 固定スラ&リボガス
ランキング コッキングエアガン
ランキング 電動ハンドガン&SMG
ランキング 電動ガン
ランキング 10upコッキング
ランキング 10UP長物電動
ランキング 装備品
ランキング 東京マルイ予約
用語集 あ
用語集 か
用語集 さ
用語集 た
用語集 な
用語集 は
用語集 ま
用語集 や
用語集 ら
用語集 わ
エアガン販売情報
マルイ コッキングエアガン
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

KSC グロック17 スラ..
at 2017-04-10 01:18
Bolt MP5J BRSS..
at 2017-02-20 01:19
東京マルイ KSG ガスショ..
at 2016-10-16 09:01
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56
東京マルイ NEWイルミネー..
at 2016-09-06 14:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

コレクション

画像一覧

KSC M93R -2 システム7 ヘビーウエイト


dc081001.jpg

dc081002.jpg

ブローバックガスガン (セミ・3ショットバースト・フルオート)

可変ホップアップシステム

全長   248mm

重量   1200g

装弾数  32発

価格   24,150円 (税込み)

dc081007.jpg

実銃ベレッタM93Rは1977年、対テロ用にM92をベースに開発されたマシンピストルです。
要人警護の際、アサルトライフルやマシンガン等での重々しい装備を避けるため、ハンドガンサイズながら
高い制圧力を備えたマシンピストルが必要とされました。
m92をロングバレル・ロングマガジン化し、フォアグリップが装備され
折り畳み式のフォールディングストックも装着できます。
9mm口径の装弾数20発で、セミオートと3ショットバーストが切り替え出来ます。



いやー、KSC M93R-2ヘビーウエイトモデルの登場は、私的には意表を突かれました。
たしかにKSC製M93R-AGシリーズにはヘビーウエイトモデルもありますし。
と言うか、質感重視のヘビーウエイトモデルと、作動性重視のABSモデルは伝統的に存在して
いるのですが、M93R-2や他のモデルが新ブローバックエンジン「システム7」に移行していき、
精密ホップチャンバーの搭載も進んで、作動性や実射性能重視の方向性なのかと思われる中で、
ヘビーウエイト仕様なる物は置き去りにされていくのかと思っていたので。
なのでM93Rのヘビーウエイトモデルの登場はとても嬉しく、またその撃ち味は大変興味深い事なんですよねー。

と言うのも、M93R-AGシリーズのヘビーウエイトモデルは、その重いスライドを活かしたリコイルシヨックが
気持ちよく、3ショットバーストやフルオートの撃ち味はとても良かったのですが、その反面寒さ・冷えには
非常に弱くて、秋が深まる頃にはブローバックはグダグダ。それでも強行すれば作動は止まり
生ガス噴いてました。まあフルオートで撃てばマガジン内のガスが急激に冷やされてしまうので
寒い時期のガスガンのフルオートはM93R-AGに限らずグダグダですがね。
かといってセミオートオンリーで撃つならM93Rを使う意味ないしー。

ただ冷えに対しての作動性が、ABSモデルとヘビーウエイトモデルでかなり差があったので
今回のモデルには期待大なのです。
なんたって最強のシステム7ハードキックの心臓を持ったヘビーウエイトモデルですから
少々寒くたって重いスライドを物ともせずガンガン動かしてくれるのではかいか、なんてねー。

dc081008.jpg

で逸る気持ちを抑えて、まずは外観から。
ヘビーウエイト樹脂製スライド&フレームの塗装は、艶が消されザラッとした仕上げ。
いかにも的な金属臭さが漂う感じですかな。KSCの今まで通りな手法ですね。
ウエスタンアームズのカーボンブラックシリーズが登場してからは、その金属っぽさ的魅力という御株を
ちと取られてしまった感じですが、金属的重々しい雰囲気は負けてないかも。

dc081009.jpg

そして特筆なのがベレッタファンならずとも、涙物なスライド側面のリアル刻印。
字体も細くて、雰囲気出てるー!!これは手のひらの上でじっくり眺めた後に、絶対ニヤッっとしてしまうでー!!

dc081010.jpg

M93R-2ABSモデルも最近のロットではリアル刻印になっているそうです。(私は未確認)
写真上はABSモデルの初期ロットのもの。
文字はKSC独自の物で、字体も太いですねー。フレームの細い字体とアンバランスです。

dc081011.jpg

今回の・・・というか今回も、気になる部分はアウターバレルですねー。
ABSモデルは銃全体がまだ艶があるので目立ちませんが、ヘビーウエイトモデルは
スライドもフレームも艶が消されているので、艶のあるアウターバレルは目立ちます。
M93Rの場合アウターバレルの大部分は露出しているので、余計に・・です。
個人的には、もう少し艶消しの塗装を望みます。

インナーバレルはアウターバレルのマグナポートの手前まで伸びているのが写真でも判りますね。

dc081012.jpg

M93R最大の特徴でもありますフォアグリップ゛は金属製で、剛性感もあり使い易いです。

dc081013.jpg

リアサイトのホワイトドットも特徴的。普通リアサイトのホワイトドットは溝の両脇にありますが
M93Rは溝の下に一本あります。これとフロントサイトのホワイトドットとを縦に合わせて
狙いを定めます。

dc081014.jpg

フル・セミ・バーストのセレクターは、フレイム後端左側にあります。
セレクターの同じ軸からセイフティレバーが後方に出ています。
レッドドットの位置まで下げるとセイフティ状態になりトリガーがロックされます。

セレクターはホワイトドット1つの位置でセミオート。三つの位置で3ショットバースト。
そしてマークは無いですが、写真の様に真ん中の位置でフルオートです。
M93R-AGシリーズでは、フルオートの位置に∞マークがある物もありましたが
M93R-2シリーズではリアル重視で∞マークは有りません。(実銃にはフルオート機能は無いため)


dc081003.jpg

写真左が付属の亜鉛ダイキャスト製一体型32連マガジン。写真の様にマガジンフォロアーを一杯に
下げた状態でロック出来るので、BB弾を装てんする時に手でフォロアーを下げている必要がないので
大変楽です。
写真右は、マシンピストルの快適安定作動には必須のロングマガジン。装弾数は49発。
ロングマガジンもフォロアーのロック機能付きです。
両方共グリップに装着しても、マガジン下方はグリップからはみ出しているので
前方から見ると、マガジンフォロアーの溝等が丸見えで、あまりリアルでは無いですが
まあ、ここは作動性重視のままと言う事で。
M93R-AGシリーズの様に、スチールプレス製マガジンケースでカバーされたリアルタイプの
マガジンは発売されないでしょうねー、今更。

dc081004.jpg

ホップアップ調整は付属のレンチをチャンバー部に押し当てて行います。
写真の様に装着して、時計回りに回すとホップが弱くなります


調節範囲は100度程度です。

dc081006.jpg

写真が下手くそで分かり難いでしょうが、チャンバーからインナーバレルを覗いた写真です。
右側が新しいホップラバー。真ん中に溝があり、BB弾をしっかり保持します。
左側は古いタイプの物で、上部のラバー部分全体でBB弾に押し当てる感じになります。

dc081005.jpg

通常分解は、マガジンを外してテイクダウンレバーを下げれば、スライド部分が
前方にスルスル抜けます。が!!注意しないと、リコイルスプリングガイドはバレルユニットに
引っ掛かっているだけなので、外れてビョーーンと飛んでいってしまう事があります。

実射

冬真っ只中にガスガンを撃ちまくるのは大変です。しかもフルオートで・・・。
まあとに角、エアコンとファンヒーターを全開にして、なんとか室温を25度にまであげました。
でガスとBB弾を装てんして、いざ・・・。

スライドを引いて、パッと手を放して戻した感触は、やはりABSモデルに比べるとモッサリした動きです。
スライドが重くなっている分、戻りが緩いですねー。ちと心配になる位。
この症状はM93R-AGシリーズから同じなのですが、やはり重くなった分リコイルスプリングを
少し強くして欲しいなー、と思います。
まあ、スライドが重くなってスプリングまで強くしたら、作動性に影響があるのかも知れませんが・・・。

で、まずは、セミオートで・・・・・・、ABSモデルが「タッタッタッ!!」っと軽快で弾ける様な高速ブローバックに対して
ヘビーウエイトモデルは「ドッドッドッ」っと少しスピードがダウンしている感じですが
重く鋭いリコイルショックが腕に伝わってきます。これは凄い。想像以上の違いです。
ABSモデルとは全く別物です。3ショットバーストやフルオートで撃つと、余計に違いを感じますね。
冷えによる作動性ダウンも、ABSモデルより少し悪いかな程度。極端な差は無いと思います。
システム7以前のモデルに比べれば、断然冷えに強くなってます。(まあ少し撃っただけでの観想ですが・・・)
初速を測ってみると、室温25度・0.2gBB弾で6回の平均が85.28m/sと高めで、弾の飛びもフラットで気持ちよく
飛んで行きます。集弾性も新型ホップのおかげで素晴らしく良いですね。
実射性能はABSモデル同様高いです。
んー、高速軽快ブローバックのABSモデルと撃ち味最高なリコイルショックのヘビーウエイトモデル。
私には選べません。とにかく早く暖かい季節になって両方撃ちまくりたいー、そんな気分。

ksc-m93r-07hw-14.gif

7m 半径2cm刻みの円 セミオート 0.2gBB弾10発

ksc-m93r-07hw-15.gif

7m 半径2cm刻みの円 3ショットバースト 0.2gBB弾3×4発

おー、今まで私と3ショットバーストの相性は悪くて、けっこう着弾が乱れてたのに
今回は意外とまとまってます。連射サイクルの関係なのかな?

ksc-m93r-07hw-14.JPG

7m 半径2cm刻みの円 フルオート 0.2gBB弾30発








[PR]
by airgunnet | 2013-08-12 08:19 | KSC その他